土門稔の記事一覧

戦争経験者に聞く戦後70年(2):北朝鮮伝道から敗戦、3人の子と逃避行 笠井政子さんの「私の出エジプト記」と「100年の信仰」

戦争経験者に聞く戦後70年(2):北朝鮮伝道から敗戦、3人の子と逃避行 笠井政子さんの「私の出エジプト記」と「100年の信仰」

1941年から夫の昌雄牧師と共に現在の北朝鮮で伝道に携わった笠井政子さん(99)。昌雄牧師は戦死し、戦後、幼い子ども3人を抱えて数百キロを逃避行し、帰国した。小柄で穏やかな笑顔からは想像もできない壮絶な戦争体験をされた笠井さんに話を伺った。

2015年08月01日16時32分

戦争経験者に聞く戦後70年(1):海軍将校として戦艦霧島で戦い、戦後牧師に 後宮俊夫牧師が語る「キリストの平和」

戦争経験者に聞く戦後70年(1):海軍将校として戦艦「霧島」で戦い、戦後牧師に 後宮俊夫牧師が語る「キリストの平和」

93歳となる現在も、日本基督教団甲西伝道所の牧師として礼拝を守る後宮(うしろく)俊夫氏は、海軍将校として戦艦「霧島」に乗り込み、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、ソロモン海戦を戦った。戦後70年の今年をどう見ているのか。自宅を訪ね、話を伺った。

2015年07月29日9時46分

銀座で聖地アトスの写真展 写真家・中西裕人氏が撮った修道士たちの祈り

銀座で聖地アトスの写真展 写真家・中西裕人氏が撮った修道士たちの祈り

写真家の中西裕人氏による写真展「Stavros アトスの修道士」が、7月23日から29日まで、キャノンギャラリー銀座で行われている。ギリシャ正教最大の聖地アトスは世界遺産にも指定されており、修道士たちが生活全てを祈りにささげている。

2015年07月24日23時18分

クリスマスはいつ来るのか? 太宰治と内村鑑三 若松英輔氏(3)

内村鑑三はまた、「クリスマスはいつ来るのか」と問い掛ける内容の文章を書いているという。また最後に、若松英輔氏は太宰治についても新しい見方を示した。

2015年07月23日21時19分

内村鑑三の回心 「理論」ではなく「心情」 若松英輔氏(2)

内村鑑三は不敬事件の後、1891年に妻を亡くし、『基督信徒のなぐさめ』を出版した。内村はこの時期、祈ることをやめ、神を呪詛(じゅそ)すらしたと書いている。

2015年07月23日21時10分

内村鑑三が訴えた「非戦」の意味を今こそ考えたい 若松英輔氏(1)

内村鑑三が訴えた「非戦」の意味を今こそ考えたい 若松英輔氏(1)

批評家の若松英輔氏のトークイベントが15日、ジュンク堂書店大阪本店(大阪市北区)で行われた。トークイベントがあったこの日に衆院特別委員会で安保関連法案が採決されたことにも触れ、約1時間にわたり、内村鑑三と幸徳秋水の非戦論などについて語った。

2015年07月23日21時09分

キリスト教から環境倫理をどう考えるか? 同志社大でシンポジウム(2)

教皇回勅『ラウダート・シ』の意義と足尾・水俣・福島 キリスト教から環境倫理をどう考えるか? 同志社でシンポ(2)

続いて和田喜彦氏(同志社大学経済学部教授)が、環境経済学の立場から「環境問題と良心─足尾鉱毒事件、水俣病、福島原発の教訓」と題して講演した。その後、原子力技術の専門化である和田元氏(同大理工学部教授)も交えての質疑が行われた。

2015年07月15日10時31分

キリスト教から環境倫理をどう考えるか? 同志社でシンポジウム(1)

教皇回勅『ラウダート・シ』の意義と足尾・水俣・福島 キリスト教から環境倫理をどう考えるか? 同志社でシンポ(1)

同志社大学良心学研究センターなどの主催で、環境倫理とキリスト教について考えるシンポジウム「環境問題と良心─未来世代のために今考えなければならないこと」が11日、同大今出川キャンパス(京都市)行われ、同大の小原克博氏と和田喜彦氏が講演した。

2015年07月15日10時30分

京都・祇園祭 300年伝わる旧約聖書「イサクの結婚」の毛綴飾る函谷鉾

京都・祇園祭 300年伝わる旧約聖書「イサクの結婚」の毛綴飾る函谷鉾

祇園祭が京都で始まり、さまざまな行事が今月末まで行われる。 そのハイライトが山鉾(やまぼこ)巡行。山鉾の一つ、函谷鉾(かんこぼこ)町に伝わる鉾は16世紀ベルギー製で、旧約聖書の創世記24章に記されている「イサクの結婚」の物語が描かれている。

2015年07月13日20時52分

「神様、えらいすんまへん」「ほな、助けたろか」 大阪でプロの落語家と牧師らによるゴスペル落語会

「神様、えらいすんまへん」「ほな、助けたろか」 大阪でプロの落語家と牧師らによるゴスペル落語会

大阪クリスチャンセンター(大阪市中央区)で6月27日、クリスチャンの女性落語家、露のききょうさんと牧師・信徒による競演「ゴスペル落語会」が行われ、約240人が聖書や教会をテーマにした落語を楽しんだ。

2015年07月01日8時02分

創世記からイエスの生涯、黙示録まで! レゴブロックで再現した聖書の世界『THE BRICK BIBLE』

創世記からイエスの生涯、黙示録まで! レゴブロックで再現した聖書の世界『THE BRICK BIBLE』

レゴブロックといえば、子どもの頃に誰もが一度は手に取って遊んだことがあるはず。そのレゴを使って聖書の世界を再現した写真集が、2013年に発売された『THE BRICK BIBLE(ブリック・バイブル)』だ。

2015年06月22日16時37分

十和田市立新渡戸記念館、市の突然の廃館方針に波紋 文化財の保存懸念も

十和田市立新渡戸記念館、市の突然の廃館方針に波紋 文化財の保存に懸念

日本人の精神をキリスト教と比較させて論じた『武士道』などの著作で知られ、国際連盟事務次長を務め、国際的にも活躍した新渡戸稲造(1862~1933)の郷里にある、青森県の十和田市立新渡戸記念館(新渡戸常憲館長)が存続をめぐって揺れている。

2015年06月10日17時11分

みんなで生きる―弱さからの祝福―  理学療法士の山内章子さんがバングラデシュでの6年半の活動を報告

みんなで生きる―弱さからの祝福―  理学療法士の山内章子さんがバングラデシュでの6年半の活動を報告

日本基督教団芦屋西教会(兵庫県芦屋市)で5月31日、日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)から医療従事者としてバングラデシュに派遣され、6年半にわたって活動してきた理学療法士の山内章子さん(日野キリスト教会会員)の報告会が行われた。

2015年06月06日22時29分

「宗教の社会貢献は、本物か」 宗教社会学者と僧侶が研究会

「宗教の社会貢献は、本物か」 宗教社会学者と僧侶が研究会

大阪市の應典院(浄土宗大蓮寺)で5月27日、「宗教の社会貢献は、本物か」と題して、宗教社会学者の稲場圭信氏(大阪大学准教授)と白波瀬達也氏(関西学院大学准教授)、僧侶の秋田光彦氏(同寺住職)による研究会が行われ、約30人が集まった。

2015年06月04日23時58分

「原発問題を神学のテーマとして取り組まなければ」と教室で仰っていた栗林輝夫先生

「原発問題を神学のテーマとして取り組まなければ」と教室で仰っていた栗林輝夫先生

関西学院大学法学部教授(宗教主事)でキリスト教と文化研究センター長の栗林輝夫先生が5月14日、67歳で亡くなられた。栗林先生は解放の神学を専門とされていたが、同時に日本を代表する組織神学者でもあった。

2015年05月31日17時09分

「現地に継続的な支援を」 ネパール被災地視察した神戸国際支縁機構の岩村牧師が報告

「現地に継続的な支援を」 ネパール被災地視察した神戸国際支縁機構の岩村牧師が報告

先月末に発生した大地震で大きな被害が出ているネパールを訪れた、神戸国際支縁機構代表の岩村義雄氏(神戸国際キリスト教会牧師)が23日、神戸市長田区で報告会を行った。首都カトマンズ市内や近隣地区現地の様子を報告し、支援を訴えた。

2015年05月27日17時28分

贖罪論なきキリスト教は可能か?  関西学院大学で高橋哲哉氏が講演

贖罪論なきキリスト教は可能か?  関西学院大学で高橋哲哉氏が講演

関西学院大学神学部などの主催で14日、「犠牲の論理とキリスト教への問い」と題する、東大大学院総合文化研究科教授の高橋哲哉氏の講演会が行われた。哲学者でフランス現代思想が専門の高橋氏はこの日、キリスト教に対する鋭く真摯な問いを投げ掛けた。

2015年05月18日11時09分

中世庶民の心と祈りを歌う 京都・古楽アンサンブル「サリーガーデン」

中世庶民の心と祈りを歌う 京都・古楽アンサンブル「サリーガーデン」

京都で活動する古楽アンサンブル・サリーガーデンは、中世西洋音楽、ルネサンス音楽、バロック音楽など、約1000年にまたがる西洋の世俗音楽を中心に演奏しているユニットだ。3人に古楽の魅力、出会い、そして中世の「祈り」について伺った。

2014年12月30日18時01分

「世界は闇に満ちている、それでも共に歌を」 神戸市民クリスマス、各教派の若手聖職者らによる礼拝

「世界は闇に満ちている、それでも共に歌を」 神戸市民クリスマス、各教派の若手聖職者らによる礼拝

日本聖公会神戸聖ミカエル教会で19日、神戸市民クリスマスの「祈りと祝福のとき」と題した合同の祈りの集会が行われ、約500人が参加した。各教派の若手伝道師や聖職候補生が中心となって進められ、教派を超えた多様で豊かな祈りの時が共有された。

2014年12月25日11時38分

歴史と多様な祈りのつながる町、神戸 夜空に響くクリスマス・キャロルの歌声

歴史と多様な祈りのつながる町、神戸 夜空に響くクリスマス・キャロルの歌声

神戸市で19日、神戸市民クリスマスが行われた。1958年に始まり、今年で56回目。恒例となっているのが、市内の教会を練り歩く「キャロリング in Kobe」。今年のキャロリングは、新神戸駅から歩く北野コースと、元町コースの2つに分かれて歩いた。

2014年12月25日10時10分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース