ヒルソング教会、カール・レンツ牧師を解雇 不貞認め謝罪「私のせい」

2020年11月6日12時22分 印刷
+ヒルソング教会、カール・レンツ牧師を解雇 不貞認め謝罪「私のせい」
ヒルソング・ニューヨーク教会を牧会していたカール・レンツ牧師(写真:レンツ牧師のフェイスブックより)

ヒルソング教会のブライアン・ヒューストン主任牧師は4日、ニューヨークを含め米東海岸の4教会を担任していたカール・レンツ牧師(41)を解雇したと発表した。「指導者としての問題や背任行為、また最近明らかになった道徳的な過ち」により決定したという。レンツ牧師も5日にコメントを発表。不貞行為があったとし、「私一人のせいであり、私は自分の行動に全責任を負います」と述べ謝罪した。レンツ牧師は、人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバーらセレブたちとの親交で知られ、ビーバーには洗礼も授けていた。

ヒューストン牧師は教会の公式サイトに掲載した声明(英語)で、「この措置は軽々しく取られたものではなく、レンツ牧師を含むすべての人々の最善の利益のために取られたものです」と説明。「指導者としての問題や背任行為、また最近明らかになった道徳的な過ちに関連して継続的な議論を経て取られたものです」と語った。一方、詳細な経緯を述べるのは適切ではないとし、「現時点における私たちの焦点は、神をたたえ、東海岸の教会共同体とレンツ家を牧会的にケアすることです」と語った。

解雇について「正しい行動であることに疑いの余地はない」とした上で、レンツ牧師とは20年以上、また妻のローラさんとは生まれたときから知っている仲であるとし、「個人的な悲しみ」も表明した。

レンツ牧師夫妻が忠実にまた犠牲を払って奉仕し、多くの人々が救われてきたことにも言及。「彼らは人々を愛する心を持っており、私たちは、休息と回復の時を経て、神がレンツ牧師をヒルソング教会の外で別の方法で用いてくださると確信しています。彼の在職を解くに当たり、私たちは彼がここで行った良い働きを軽視することは決して望んでいません」とつづった。

レンツ牧師は5日、自身のインスタグラム(英語)に家族5人が写った写真を投稿。写真に添えたコメントでは、ニューヨークでの牧会生活は「私たちの人生の中で最も素晴らしく、影響を与えた特別な時期」であり「名誉なこと」だったと述べ、解雇は「つらい終わり」だと述べた。

「牧師としての召命を受けたならば、その使命を尊重するような生き方をしなければなりません。それが教会を敬い、神を敬うことです。それができないときは、その基準が守られているかどうかを確認するために、変化が求められます。今回の件も変化が求められたのです」

その上で「私は人生で最も重要な関係である結婚において不貞行為をし、その責任を負わされました」と解雇の理由を説明。「この過ちは私のせい、まさに私一人のせいであり、私は自分の行動に全責任を負います。私は今、妻ローラ、また子どもたちとの信頼関係を再構築し、自分の人生に向き合い、癒やし、必要な助けを求める旅を始めています」と述べた。

教会の関係者に対しては、「私たちが愛してやまなかった多くの人々の信頼を壊してしまったことを深くお詫びします」と謝罪。「この知らせが、それを聞き受け取る人々にとって、非常につらく困惑させるものであることを理解します」と述べた。

直接、謝罪の言葉を述べたかったがその機会がなかったとし、「皆さんが、私を赦(ゆる)してくださり、そして時間をかけて再び信頼を得られるような人生を送れるように祈ります」と述べた。

最後には「私たちに(教会を)導くことを許してくださり、成長する機会を与えてくださり、私たちを決して押し殺したり、黙らせようとしたりせず、発言の機会を与えてくださった」として、ヒューストン牧師夫妻に感謝を表明。そして「今後どのようになるかは分かりませんが、私たちレンツ家は、神の恵みに感謝し、希望を持って共に歩んでいきたいと思います」と結んだ。

ヒルソング教会は、オーストラリアのシドニー郊外でヒューストン牧師夫妻が1983年に創設。教会の賛美チームから生まれた現代風の賛美が世界的なヒットとなり、教会自体も大きく成長した。公式サイトによると、現在は世界28カ国に教会があり、毎週世界で約15万人が礼拝をささげている。

レンツ牧師は2010年、ヒューストン牧師夫妻の長男であるジョエル・ヒューストン牧師と共にヒルソング・ニューヨークを設立。その後、ニューヨークの教会と、ボストン(マサチューセッツ州)、ノーウォーク(コネチカット州)、モントクレア(ニュージャージー州)の各都市にある教会を含め、米東海岸の4教会をまとめるヒルソング・イーストコーストの担任牧師になっていた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース