「人生で最も特別な瞬間」 ジャスティン・ビーバー、妻ヘイリーと洗礼受ける

2020年8月20日13時41分 印刷
+「人生で最も特別な瞬間」 ジャスティン・ビーバーが妻ヘイリーと洗礼受ける
洗礼を受けたヘイリー・ビーバーとジャスティン・ビーバー(写真:ジャスティンのインスタグラムより)

人気ポップ歌手のジャスティン・ビーバー(26)が、妻で女優のヘイリー・ビーバー(旧姓・ボールドウィン)(23)と共に洗礼を受けたことを報告した。

ジャスティンは今月5日、ヘイリーと共に洗礼を受けたときの写真4枚を自身のインスタグラム(英語)に投稿。「妻のヘイリーと一緒に洗礼を受けた瞬間! 自分の人生で最も特別な瞬間の一つでした。私たちの友人と家族と共に、イエス様への愛と信仰を公に告白したのです」とコメントした。

米キリスト教テレビ局「CBN」(英語)によると、洗礼は、ジャスティンと親交のあるシティー・チャーチ(ワシントン州シアトル)のジュダ・スミス牧師が導いた。

ジャスティンのメンターとして知られるヒルソング・ニューヨーク教会のカール・レンツ牧師も「素晴らしい。愛している」とコメントを寄せ、レンツ牧師の妻のローラさんも「美しい」と言い、2人の洗礼を祝った。ジャスティンのインスタグラムには、約1億4400万人のフォロワー(読者)がおり、洗礼の写真には3万5千以上のコメントと、450万以上の「いいね!」が寄せられている。

CBNによると、この日は米エンタメニュース番組「E!ニュース」で司会を務めていた芸能ジャーナリストのジェイソン・ケネディーさんも一緒に洗礼を受けた。ケネディーさんはジャスティンの投稿に「君たちと一緒に洗礼を受けて、私の人生で最高の瞬間の一つ」とコメントした。

ジャスティンは2014年にすでにレンツ牧師から洗礼を受けている。場所は、レンツ牧師の友人である米プロバスケットボールNBAのスター選手、タイソン・チャンドラーの自宅。ジャスティンは当時、十代の頃の黒人差別発言の映像が流出し、非難の的になっていた。洗礼前にはレンツ牧師から1週間にわたる聖書の集中講義を受け、日々パパラッチに追われる状況の中、午前3時の真夜中に身長が216センチもあるチャンドラーの巨大なバスタブで洗礼を受けた(関連記事:ジャスティン・ビーバー、友人宅の浴槽で洗礼)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース