ヒルソングNYの牧師が新型コロナに感染、ジャスティン・ビーバーに洗礼授けた牧師

2020年3月27日14時45分 印刷
+ヒルソングNYの牧師が新型コロナに感染、ジャスティン・ビーバーに洗礼授けた牧師
ジャスティン・ビーバーが2015年にインスタグラムに投稿した写真。左から、ビーバー、ヒルソング・ニューヨーク教会のカール・レンツ牧師、チャーチホーム教会のジュダ・スミス牧師(写真:ビーバーのインスタグラムより)

ヒルソング・ニューヨーク教会のカール・レンツ牧師(41)が、新型コロナウイルスの検査を受けた結果、陽性であったことを明かした。ひどい症状に見舞われたものの、現在は回復に向かっているという。

米フォックスニュース(英語)によると、レンツ牧師は23日夜、友人であるチャーチホーム教会のジュダ・スミス牧師と共にインスタグラムでライブ配信を行い、「非常に具合が悪くなりました。(新型コロナウイルスの)検査を受けると、結果は陽性でした」と語った。

「私は大丈夫。状態は良いですが、皆さんにお伝えしたいです。これは本当です。症状は本当にひどいです。インフルエンザの50倍くらい。まだ、まるで自分自身でないような状態です。元気を取り戻せるよう願っています」

「呼吸がすごく困難で、本当にすぐに疲れてしまいます。皆さんへのアドバイスは、できるだけこれを深刻に受け止めて、ということです」

レンツ牧師は自身の経験を語るとともに、検査の結果、陽性となった人たちには「あなたは一人ではありません」と励まし、「こうしたことを完全に一掃するための何かを私たちが発見できるよう祈っています」と続けた。

レンツ牧師によると、ヒルソング・ニューヨーク教会は日曜日の22日、通常の礼拝は中止し、事前に撮影した映像をオンライン配信する形で対応した。ニューヨーク州は、米国内で最も感染が集中しており、25日までに感染者は約3万7258人、死者は385人に上り、22日夜からは州全体に外出制限が出されている。

スミス牧師は、レンツ牧師とその家族のために祈るよう視聴者に求めるとともに、長年の友人が感染したことで、事態の深刻さに目が覚める思いだと語った。

レンツ牧師とスミス牧師は共に、人気歌手ジャスティン・ビーバーとの交友で知られている。レンツ牧師は2014年、ビーバーに洗礼を授けており、スミス牧師は昨年、ビーバーとヘイリー・ボールドウィンの結婚式で司式をしている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース