ナッシュビルからの愛に触れられて(45)追悼、ダニー・チェンバース牧師… 青木保憲

2020年10月9日21時09分 コラムニスト : 青木保憲 印刷
関連タグ:青木保憲
+ナッシュビルからの愛に触れられて(45)追悼、ダニー・チェンバース牧師… 青木保憲
ダニー・チェンバース牧師

この「ナッシュビルからの愛に触れられて」の企画が始まって、間もなく50回を迎えようとしている。ひとえにこのような個人的な証しを継続して掲載してくれるクリスチャントゥデイのおかげ、そしてこれを楽しみに読み進めてくれている読者の皆さんのおかげである。心から御礼申し上げたい。

さて、このような連載を始めようと思った最初のきっかけは、2011年3月に私が学会発表のためにメンフィスへ出向いたからである。そのことは、この連載の第1回か2回あたりで述べた通りである。

しかし、どうしてメンフィスからナッシュビルへ向かったのか? それに大きく関わっている人物が存在する。彼がいなければ、おそらく私はナッシュビルへ行かなかっただろうし、クライストチャーチとの交わりも始まらなかっただろう。そして、今のように海外からゲストを招いて各地でゴスペルコンサートなどを企画することもなかっただろう。その人物とは、オアシスチャーチの主任牧師ダニー・チェンバース(Danny Chambers)氏である。2010年4月、彼と知り合いになっていたから、翌年3月にナッシュビルへ彼を訪ねていくことができたし、その後の展開も、彼が私をホームステイしてくれたからこそ生み出されたと言っても過言ではない。

そのダニー牧師が、先月9月61歳でその生涯を突然終えたとの連絡が入った。私はあまりの衝撃で、思わず手にしていた携帯を落としてしまった。ナッシュビルでオアシスチャーチというメガチャーチを牧会し、数年前からその働きを後進に譲り、神様から導かれた別の働きを模索していたとは聞いていた。しかし、こんなに早く主が「帰ってこい」と言われるとは…。

ナッシュビルからの愛に触れられて(45)追悼、ダニー・チェンバース牧師… 青木保憲
ダニー牧師と奥様のジリアン牧師

ダニー牧師は、牧師であることはもちろんのこと、シンガーとして成功したという一面を持っている。2011年に彼の教会を訪れたとき、まずCDを5、6枚手渡されたことを覚えている。彼の業績は、米国アマゾンを検索してみればよく分かる。そして YouTube にも多くの楽曲がアップされている。

全盛期には、パット・ロバートソンが主宰する「700クラブ」にも出演し、生で全米に歌声を響かせていたようだ。

そして何よりも印象深かったのは、どんな人にも気さくに声を掛け、そしてすぐに友達になってしまうフランクさである。かくいう私もそうやって彼と知り合いになり、友達になり、そして出会った翌年に厚かましくも「ナッシュビルへ行くから泊めてくれ」とお願いするほどまでに仲良くなれたのである。

本連載のタイトル「ナッシュビルからの愛」とは、もちろん本流はクライストチャーチのメンバーのことを意味している。しかしそのきっかけ、始まりという意味では、ダニー・チェンバース氏をおいて他にはあり得ない。米国南部の文化、食事、そして街並みなどを私に初めて紹介し、うんちくを丁寧に教え、そして大きなステーキをごちそうしてくれたのは、ダニー牧師である。

ナッシュビルからの愛に触れられて(45)追悼、ダニー・チェンバース牧師… 青木保憲
ダニー牧師(右)、ジョエル・オスティーン牧師(左)と

私はナッシュビルツアーを毎年のように行い、延べにして100人近い学生たちを音楽の街(ナッシュビル)へ連れて行った。その時、必ず立ち寄ったのがオアシスチャーチであり、ダニー牧師の家だった。彼はいつも喜んで迎えてくれ、そして今自分が取り組んでいることを熱心に語ってくれた。

「いつか日本に来て、あなたの歌声を響かせてください」といつもお伝えしていた。彼はうれしそうに目を細め、「きっと行くよ」と私をハグしてくれた。そのことを忘れることはできない。

彼から頂いたCDには、本人のサインが添えられている。そこに「To Japanese Friend, YASU」と書かれている。私にとっての一生の宝物である。

彼の訃報が届けられ、半月がたった。今私の心に去来する御言葉はこれである。

私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。(2テモテ4:7、8)

ナッシュビルからの愛に触れられて(45)追悼、ダニー・チェンバース牧師… 青木保憲
チェンバース夫妻と私

今回は、とても私的な通信となってしまった。しかしこれは、単に私の感傷的な文章をつづったのではない。多くの献身者は、すべてを主にささげ、そして神から与えられた行程を走り続けている。そしてたとえ一瞬だけ出会った異国人であっても、その彼のために全力でできることをしてあげようと願う気持ちを持っている。そんな多くの心ある人々によって、日本にも福音が届けられ、有形無形の犠牲が払われ続けているのである。

私はダニー・チェンバース牧師のことを忘れない。そしてこの連載を読んでくださる多くの方々に、「一粒の麦」となってこの地の生涯を終えた地球の反対側で生きた信仰者(献身者)の人生を、どうか忘れないでいてもらいたいと切に願うものである。

以下が、彼のメモリアル礼拝で紹介された動画である。歌い手はもちろんダニー牧師。ぜひ、願わくは共に彼の死を悼んでもらいたい。天国に行ったという喜びはある。しかし、現実この地で二度と彼に会うことができないのだから、その悲しみは決して消えることはない。

<<前回へ

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)。グレース宣教会牧師、同志社大学嘱託講師。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

関連タグ:青木保憲

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース