「お前たちの神に面倒見てもらえ」 「支援」か「棄教」か迫られるコロナ時代の迫害

2020年7月27日16時26分 印刷
+「お前たちの神に面倒見てもらえ」 「支援」か「棄教」か迫られるコロナ時代の迫害
聖体拝領にあずかるバングラデシュのカトリック信者の子どもたち(写真:Amio James Ascension)

東南アジアやアフリカの一部の国では、キリスト教徒が、自身の信仰を貫くか、新型コロナウイルスの公的支援を受けるかで選択を迫られている。

「元の宗教に再改宗しない限り、地域社会の食料支援が受けられないという報告がキリスト教徒たちから殺到しています」。キリスト教迫害監視団体「オープン・ドアーズ」のアジア地域広報担当者であるジャン・フェルメール氏はそう話す。

そのため、一部のキリスト教徒は「自国で支配的な宗教に後戻りする」選択をしている。一方、迫害が激化する中で「自殺を考える」人も出ているという。

オープン・ドアーズの東南アジア担当者であるサム牧師(安全上の理由で仮名)は、バングラデシュの農村部の様子について次のように語る。

「現地政府が多くの人を支援していますが、多くのキリスト教徒、特にイスラム教や仏教から改宗した人たちは、食物支援が村に届いてもそれを受け取れません。村長は普通、キリスト教徒を差別しています。村長たちは言います。『あなたはキリスト教徒ですね。キリスト教徒になったのだから、この支援の対象ではありません』」

「生き伸びる手段がない人は、命を捨てるかイスラム教に改宗するしかありません」とサム牧師は嘆く。オープン・ドアーズの支援がなければ、一部の地域では「多くのキリスト教徒が栄養失調や飢餓で確実に命を落とします。あるいは、イエス様に従うのは難しいと考えるでしょう」とサム牧師は続ける。「最近入信した人の多くは信仰が強いわけではありませんから、主にあって強められる必要があります」

スーダンでは、キリスト教に改宗した信者は、信仰を諦めてイスラム教に再改宗しない場合、ホームレスか飢餓状態に陥ってしまうとオープン・ドアーズは報告している。現地の牧師の1人はオープン・ドアーズに次のように語った。

「イスラム教から改宗した信者たちは、完全な自給自足をしなければなりません。なぜなら信者たちは、信仰の故に家族や部族、地域社会からまったく支援を受けていないからです。加えて、新型コロナウイルスによる封鎖状態で仕事ができないため、信者たちには食料を買うお金がありません。また、家賃を払えないため、住居から追い出されてしまうのです」

「キリスト教に改宗した信者たちがイスラム教の近隣住民に助けを求めると、助けてほしいならキリスト教信仰を捨てなければならないと言われます。これはひどいことです」

マレーシア東部の農村部では、新型コロナウイルスによる封鎖措置が取られる中、一部のキリスト教徒の学生が、イスラム教に改宗しない限り食料支援を受けられないと地元のモスクから言われたと話している。

オープン・ドアーズによると、ベトナム北部では100人以上のキリスト教徒(その多くが高齢者か子ども)が、信仰の故に政府から食料支援を拒否された。当局はその際、次のように言い放ったという。

「お前たちはキリスト教徒だ。だから、お前たちの家族はお前たちの神に面倒見てもらえ。政府はお前たちの家族に対して責任は取らない」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース