新・景教のたどった道(27)唐代の漢訳書・その2『一神論』(4)世尊布施論③ 川口一彦

2020年2月13日16時15分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
関連タグ:川口一彦景教

「世尊布施論」のメシアの裁判と十字架刑、復活と宣教命令の部分を紹介します。

世尊が言われた。誰が私をメシア(弥施訶)と言うのか。私は民衆が求めているようなメシアではない。

ユダがメシアをだまして逮捕しようとした。

イエスが法により高い所に架けられて命が尽きたとき、地は動き、山は崩れた。岩の上にあった毛織物で作った掛物が聖なる所で2つに裂けた。墓は開かれ、福徳のあった死者が生き返り。・・・絶え間なく太陽が見えず、闇であった。聖なる方がこのようにされた。闇で人の目には一切が見えなかったが、聖なる方は見ておられた。

イエスのもとにはアリマタヤのヨセフという者が、法によりメシアの死体を家に運んだ。新しい麻布で包み、新しい墓に向かい、墓は山襞(やまひだ)にうがった墓で、大きな石でふたをし、封印した。

総督(ピラト)はユダヤ人に墓の番をするように言った。メシアが3日のうちに死から復活すると言い、人を迷わせてはいけないし、棺を盗まれぬようにしてほしい、それはメシアが死人の中から復活すると語ったからである。

ユダヤ人は3日間、メシアの墓を見張った。墓は外から女の手で開かせたかのようで、女は「見た」と証言した。飛仙(天使)は世尊の使いで、メシアに白衣を着せた。・・・石の上には飛仙に似た者が墓の番をして座っていた。

女が墓に来るのを見て、メシアは「おはよう(是実)」と言って、将来のことは使徒たちと話し合い、私が天から来たこと、やがて来ることを話して立ち去った。

一切(すべて)の所に行き、私の言葉を一切の種類の人に語りなさい。父と子と聖霊(浄風)の名(字)でバプテスマ(向水)を施し(具足)なさい。私はどこにでもいる。君たちは途にあって、これを天下の至る所で尽くしなさい。

このように見ますと、聖書のストーリーとは似ていますが、そっくり書き写したというものではありません。以下に続く使徒たちの活動は省略しましたが、聖霊が火のように弟子たちに臨み、教会が進展したと書かれています。

新・景教のたどった道(27)唐代の漢訳書・その2『一神論』(4)世尊布施論③ 川口一彦

<<前回へ     次回へ>>

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)
旧版『景教のたどった道―東周りのキリスト教

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市生まれ。愛知福音キリスト教会宣教牧師、基督教教育学博士。聖書宣教、仏教とキリスト教の違い、景教に関するセミナーなどを開催。日本景教研究会(2009年設立)代表、国際景教研究会・日本代表を務める。季刊誌「景教」を発行、国際景教学術大会を毎年開催している。2014年11月3日には、大秦景教流行中国碑を教会前に建設。最近は、聖句書展や拓本展も開催している。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ―新装改訂版―』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。

【川口一彦・連絡先】
電話:090・3955・7955 メール:kei1951-6@xc.so-net.ne.jp

フェイスブック「川口一彦」で聖句絵を投稿中。また、フェイスブック「景教の研究・川口」でも情報を発信している。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
フェイスブック「川口一彦」
フェイスブック「景教の研究・川口」

関連タグ:川口一彦景教

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース