新・景教のたどった道(26)唐代の漢訳書・その2『一神論』(3)世尊布施論② 川口一彦

2020年1月30日13時22分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
関連タグ:川口一彦

「世尊布施論」の山上の説教の一部分を紹介します。本書の中に「飛ぶ鳥を見よ」の漢文があり、その部分を和訳しました。

ただ飛ぶ鳥を見なさい。種蒔きも刈り入れもせず、倉もないが守られています。一神は砂漠でも食事に乏しいことはありません。犂(すき)がなくても作物はでき、衣服のことを心配しなくても多くあり、おもいはからなくても知られています。自分が正しくなくても、人の罪過を見てはいけません。自分が不正なのは、自分に欲望があり、他人もそうだと思うからです。自分の目の梁(はり)を見ないで、あなたの目の梁を除けと言うのと同じです。まず自分の目の梁を除きなさい。

祈りは一神に求めなさい。門をたたけば開かれ、祈れば必ず開かれます。もし祈って得られないのは、門をたたいても開かれないのと同じです。祈って得られないのはみだりに祈るからで、求めても得られません。

あなたがしてほしいことは他人も求めています。他人がしてほしいことはあなたも求めています。あなたが他人にしてあげれば、あなたも報われて悪の道から去ることができます。狭い道からあなたは天上に住み、そこには少しの人が入ります。広い道は歓楽があり、地獄に行きます。

ある者が預言すれば善悪は一様に現れます。あなたたちが知るために命じます。弥施訶(メシア)のもとに来て説教を聞きなさい。

これらをマタイの福音書の山上の説教と比較すると、内容的には似ているものの、表現に違いがあります。一般に黄金律といわれる「人からしてもらいたいことは何でも、あなたがたも同じように人にしなさい。これが律法で預言者です」(7章12節)の名句には、『一神論』では説明が付けられています。

ちなみに紀元前の500年ごろに中国で生きていた孔子と弟子との問答書である『論語』の衛霊公第十五24には、黄金律とは逆の言葉があります。

子貢が「ただ一つの言葉で一生かけて行う価値のあるものはありますか」とおたずねした。先生(孔子)はこういわれた。「それは<恕(じょ)>だね。思いやりということだ。自分がされたくないことは、人にもしないように[己の欲せざるところを、人に施すことなかれ]」(『現代語訳 論語』齋藤孝訳、筑摩書房、2010年)

論語では、人と人との間に敬遠という距離があり、人間関係の消極的な面が強調されているようです。一方、新約聖書では人と人との間の距離があまりなく、積極的に人との関係を築くよう強調されている点で違いが見られます。

新・景教のたどった道(26)唐代の漢訳書・その2『一神論』(3)世尊布施論② 川口一彦

<<前回へ     次回へ>>

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)
旧版『景教のたどった道―東周りのキリスト教

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市生まれ。愛知福音キリスト教会宣教牧師、基督教教育学博士。聖書宣教、仏教とキリスト教の違い、景教に関するセミナーなどを開催。日本景教研究会(2009年設立)代表、国際景教研究会・日本代表を務める。季刊誌「景教」を発行、国際景教学術大会を毎年開催している。2014年11月3日には、大秦景教流行中国碑を教会前に建設。最近は、聖句書展や拓本展も開催している。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ―新装改訂版―』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。

【川口一彦・連絡先】
電話:090・3955・7955 メール:kei1951-6@xc.so-net.ne.jp

フェイスブック「川口一彦」で聖句絵を投稿中。また、フェイスブック「景教の研究・川口」でも情報を発信している。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
フェイスブック「川口一彦」
フェイスブック「景教の研究・川口」

関連タグ:川口一彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース