新・景教のたどった道(23)唐代の漢訳書・その1『序聴迷詩所経』(4)イエスの十字架と復活の記事 川口一彦

2019年12月19日11時31分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
関連タグ:川口一彦

メシアの十字架と復活に関する漢訳記事を紹介します。

新・景教のたどった道(23)唐代の漢訳書・その1『序聴迷詩所経』(4)イエスの十字架と復活の記事 川口一彦

弥施訶(メシア)が32歳の時、悪人たちは大王毘羅都思(ユダヤの総督ピラト・ポンテオ)に訴え、大王の前に進んで申しました。

「弥施訶は死罪に当たります。大王よ、彼を追放してください」。彼らは口をそろえて言いました。弥施訶は大王に向かって「弥施訶は彼らの計画で死罪にされています。大王よ、人が死罪に当たるかどうかの処分を、聞きもせず、見もせずに彼らの意見だけで決めないで、自身の判断でしてください」

大王は言いました。「私はこの人を裁くことができない」。彼らは言った「その人が死なないのなら、私たち男女はどうすればいいのですか」。大王は水で手を洗い、彼らの前で「私はその人を裁かない」と言いました。彼らはさらに重ねて言いました。「裁くべきです」

弥施訶はその体を悪人たちに差し出し、一切の民衆のため世間の人々にその人の命がすぐに消える灯火のようであることを知らせ、民衆に自身をささげて身代わりに死なれました。弥施訶はまさに自分自身でついに死なれました。

悪人たちは弥施訶を別の所、丘の上の訖句(ゴルゴダ)と呼ばれた所の木に縛り付けました。そして2人の強盗をその人の右と左に付けました。

弥施訶が木に縛られたのは5時(?)で、これは6日の齋(安息日)の明け方、日が西に沈む頃、四方が闇となりました。地は崩れ、墓の門は開き、死者はみな生き返り、その光景を見ました。

聖書や説教を信じないでいた者たちは、死から復活した弥施訶に対して信心を持つようになりました。すなわち云う・・・・

この箇所はピラトを大王、十字架を木としていますが、メシアへのののしり、侮辱、着衣のくじ引き行為、罪状書、死の叫び、神殿の幕が裂けたとの記事は見当たりません。それは聖書をそのまま記すのでなく、下準備のために書いたのかと考えられます。

本経は「すなわち云う」で終筆となっています。全体の毛筆書体はきれいな筆致で書かれていて素晴らしいと思います。

<<前回へ     次回へ>>

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)
旧版『景教のたどった道―東周りのキリスト教

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市生まれ。愛知福音キリスト教会宣教牧師、基督教教育学博士。聖書宣教、仏教とキリスト教の違い、景教に関するセミナーなどを開催。日本景教研究会(2009年設立)代表、国際景教研究会・日本代表を務める。季刊誌「景教」を発行、国際景教学術大会を毎年開催している。2014年11月3日には、大秦景教流行中国碑を教会前に建設。最近は、聖句書展や拓本展も開催している。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ―新装改訂版―』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。

【川口一彦・連絡先】
電話:090・3955・7955 メール:kei1951-6@xc.so-net.ne.jp

フェイスブック「川口一彦」で聖句絵を投稿中。また、フェイスブック「景教の研究・川口」でも情報を発信している。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
フェイスブック「川口一彦」
フェイスブック「景教の研究・川口」

関連タグ:川口一彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月9日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 4,768
(+511)
1,348,392
(+73,288)
死者数 85
(+4)
79,143
(+6,620)
回復者数 632
(+10)
316,614
(+19,213)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース