「シリアに平和を」 WCCがエキュメニカルな祈り IS系グループに拉致された司祭が引導

2019年12月17日09時37分 印刷
+「シリアに平和を」 WCCがエキュメニカルな祈り IS系グループに拉致された司祭が引導
シリアと中東の平和のために祈りを導くジャック(ヤクーブ)・モウラッド司祭(写真:世界教会協議会=WCC / Gregoire de Fombelle)

【CJC】アドベント(待降節)の第2週の終わりに、世界教会協議会(WCC)のジュネーブ本部スタッフは、アル・カリヤタインの聖エリア・シリア・カトリック修道院長ジャック(ヤクーブ)・モウラッド司祭が先導する「シリアと中東の平和のための特別な正午の祈り」のため、エキュメニカル・センターのチャペルに集まった。

祈りの中で、モウラッド司祭は、彼の反省を明らかにした。「イスラム国」(IS)と関係のある武装グループが2015年5月21日、モウラッド司祭を誘拐し、彼と彼の仲間を、テロ組織がシリア本部を置いていたラッカ市に連行したのだ。

自分の経験から得た主要な教訓として、「要求は、隣人イスラム教徒との対話であるべき」とモウラッド司祭は述べた。

拘束された数カ月の間、モウラッド司祭は心理的なプレッシャーにさらされた。その後、彼はイスラム教徒の友人と一緒に脱出した。彼は現在イタリアに住んでいる。

「正午の祈り」では、シリアと中東の平和と紛争に苦しんでいる人々の癒やしを求める呼び掛けとして、さまざまな伝統に立つ賛美歌が歌われ、祈りがなされた。

アラビア語の歌と朗読で、スタッフは、祈りの中で皆が「この地上の平和のための道具」になるよう勧めるモウラッド司祭に賛同した。司祭は、シリア語で「主の祈り」を祈り、集会を終えた。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース