キリスト者の有無問わず人々の心動かした 教皇訪日終え、司教協議会会長が談話

2019年12月12日20時10分 印刷
+キリスト者の有無問わず人々の心動かした 教皇訪日終え、司教協議会会長が談話
東京カテドラル聖マリア大聖堂(東京都文京区)で行われた「青年との集い」で講話を語るローマ教皇フランシスコ=2019年11月25日(画像:ライブ動画より)

11月23日から26日までの4日間にわたり、日本を訪れたローマ教皇フランシスコの訪日を終え、日本カトリック司教協議会の髙見三明会長(長崎大司教)が談話を発表した。髙見大司教は、訪日に関わった関係各所に謝意を示すとともに、「キリスト信者であるなしにかかわらず多くの人々のこころを動かしたのではないか」と述べ、教皇の訪日が日本で広く歓迎されたとの認識を示した。談話は3日付。カトリック中央協議会の公式サイトで12日、発表された。

髙見大司教は、教皇訪日の実現のために、教皇庁(バチカン)や外務省、日本の司教協議会や司祭、信徒らが「それぞれの役割を果たしながら緊密な連携のうちに準備を重ね」たと評価。長崎では一部の屋外プログラムが雨の中で行われたことにも触れ、各行事の参加者や、延べ1万人に及んだというボランティア、メディア関係者、また長崎、広島、東京の各訪問先で教皇を歓迎した人々に感謝の言葉を贈った。

その上で、「教皇様の存在そのものが、キリスト信者であるなしにかかわらず多くの人々のこころを動かしたのではないか」とコメント。4日間の限られた日程の中、「核兵器廃絶に向けたメッセージ、信仰者、被災者、若者に向けて貴重なメッセージをくださいました」と述べた。

最後には、今後は教皇訪日の意義を省察し、「日本の教会共同体と社会の中で実りをもたらすために具体的に何をどうすればよいのかを、祈りのうちに決定していきたい」と語った。また、そのための意見やヒントも求め、教区レベルでの取り組みなども推奨した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース