「ウェブバイブル」来年1月提供開始へ 聖書協会共同訳、新共同訳、口語訳など利用可能

2019年11月15日17時58分 印刷
+「ウェブバイブル」来年1月提供開始へ 聖書協会共同訳、新共同訳、口語訳など利用可能
日本聖書協会のホームページに開設された「ウェブバイブル」のページ

日本聖書協会(東京都中央区)は15日、最新の日本語訳聖書「聖書協会共同訳」など複数の聖書を利用できる「ウェブバイブル」を、2020年1月から提供開始する予定だと発表した。利用するにはインターネットに接続している必要があるが、プランによって、聖書協会共同訳だけでなく、同協会発行の「新共同訳」や「口語訳」、また英語訳の「ESV(English Standard Version=標準英語訳)」なども利用できる。

同協会のホームページ内に開設されたウェブバイブルのページによると、来年1月から提供が予定されているのは「ベーシック版」と「プレミアム版」の2つのプラン。ベーシック版は、年間500円(税別)で、聖書協会共同訳(旧約続編付き、ルビ・引照・注付き)を利用できる。一方、プレミアム版は、年間2000円(税別)で、聖書協会共同訳(同)に加え、新共同訳(旧約続編付き)、口語訳、ESV、聖書スタディ版の傍注(聖書協会共同訳に対応)を利用できる。なお、プレミアム版は最初の1年間のみ、発売記念価格として年間1500円(税別)で提供される。

インターネット環境(推奨ブラウザはグーグル・クロム)があれば、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも利用可能。書名・章節を選択することで、簡単に目的の聖書箇所にたどり着くことができ、検索機能を使って聖書内の語句を調べることも可能。地図や用語解説なども搭載している。またプレミアム版では、節ごとに各訳の比較もできる。

聖書協会共同訳は昨年12月、引照・注付きの中型版2種(旧約続編付きなし)が初版として発売された。その後今年に入って、引照・注なしの「スタンダード版」として、9月に小型版2種(旧約続編付きなし)、11月に中型版3種(旧約続編付きなし新約詩編・箴言付き)が新たに発売されている。

日本聖書協会の「ウェブバイブル」のページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース