一文丸ごと抜け落ちも 「聖書協会共同訳」の訂正箇所一覧公表

2019年9月6日23時43分 印刷
+一文丸ごと抜け落ちも 「聖書協会共同訳」の訂正箇所一覧公表
「聖書協会共同訳」の初版では、出エジプト記14章12節が【荒れ野で死ぬよりはエジプト人に仕えるほうがましです。」】とされているが、今後の版では【私たちはエジプトであなたにこう言ったではありませんか。『放っておいてください。私たちはエジプト人に仕えます。荒れ野で死ぬよりはエジプト人に仕えるほうがましです。』」】に訂正される。

日本聖書協会はこのほど、昨年12月に発売した「聖書協会共同訳」の訂正箇所一覧を公式サイトで公表した。公表された訂正箇所の決定日はすべて8月30日付。ルビの訂正や漢字・平仮名の表記変更などがほとんどだが、中には一文がそっくり抜け落ちていた箇所もある。訂正は順次、重版、新版に反映されていく。

公表された訂正箇所一覧によると、訂正箇所は本文では、旧約54、旧約続編17、新約15の計86箇所。本文以外でも、凡例や地図、小見出しなどで計15箇所の訂正があった(いずれも9月6日時点)。多くは、【照(てら)らせ→照(て)らせ】(創世記1:15)、【目撃者(もくげきもの)→目撃者(もくげきしゃ)】(サムエル上23:22)などのルビの訂正や、【攻撃してきたら→攻撃して来たら】(創世記34:30)、【良い→よい】(レビ6:21他)、【調え→整え】(イザヤ65:11他)などの漢字・平仮名の表記変更。

一方、出エジプト記14章12節は、【荒れ野で死ぬよりはエジプト人に仕えるほうがましです。」】が、【私たちはエジプトであなたにこう言ったではありませんか。『放っておいてください。私たちはエジプト人に仕えます。荒れ野で死ぬよりはエジプト人に仕えるほうがましです。』」】に訂正される。初版では、【私たちはエジプトであなたにこう言ったではありませんか。『放っておいてください。私たちはエジプト人に仕えます。】の部分が丸ごと抜け落ちていたことになる。

「聖書協会共同訳」は昨年12月、「新共同訳」以来31年ぶりとなるカトリック、プロテスタント共同による新しい訳の聖書として発売された。昨年発売されたのは、中型(B6判)の引照・注付き2種(旧約続編あり・なし)のみだが、今年は引照・注なしの「スタンダード版」として、9月には小型(A6判)2種(旧約続編あり・なし)が、11月には中型(B6判)3種(旧約続編あり・なし・新約〔詩編・箴言付き〕)が発売される予定。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース