『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ

2019年6月26日12時17分 印刷
+『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ
第53回造本装幀コンクールで日本書籍出版協会理事長賞(専門書部門)を受賞した『聖書 聖書協会共同訳』(引照・注付き)(写真:澤田和廣撮影)

昨年12月に出版された『聖書 聖書協会共同訳』(引照・注付き)が、第53回造本装幀(そうてい)コンクールで、日本書籍出版協会理事長賞(専門書部門)を受賞した。同コンクールは造本装幀に関する国内唯一の賞で、入賞作品は来年2月にドイツ・ライプツィヒで開催される「世界で最も美しい本コンクール」に出品されるほか、同10月には世界最大の書籍見本市「フランクフルト・ブックフェア」で展示される。

「聖書協会共同訳」は昨年12月、カトリック・プロテスタント共同の日本語訳聖書として、「新共同訳」以来31年ぶりに出版された。昨年出版されたのは、カトリック向けの旧約聖書続編付きと、プロテスタント向けの続編なしの2タイプ(いずれも中型版、引照・注付き)で、今回受賞したのは続編なし。

装幀を手掛けたイラストレーターの男性は受賞を受け、「うれしいです。これを通して、一人でも多くの人に聖書を手に取ってもらえればと思います。『世界で最も美しい本コンクール』が開催されるライプツィヒは、バッハゆかりの地でもあり、そこで日本の聖書が展示されることに意義深さを感じます」と語った。

発行元の日本聖書協会は、08年開催の第42回でも、「最も小さく、最も軽い聖書」として前年に発売したミニ版聖書『バイブルキューブ』(新共同訳、続編付き)で、同理事長賞(人文・社会科学書部門)を受賞している。

造本装幀コンクールは、「美しい本」作りへの意欲向上や読書推進などを目的に、日本書籍出版協会と日本印刷産業連合会が主催している。今年は268点の応募があり、20点が入賞。主要3賞には、『僕らのネクロマンシー』(NUMABOOKS、文部科学大臣賞)、『ちのかたち 建築的思考のプロトタイプとその応用』(TOTO出版、経済産業大臣賞・日本書籍出版協会理事長賞〔生活実用書他部門〕)、『Close Your Ears』(えほんやるすばんばんするかいしゃ、東京都知事賞)が選ばれた。

日本書籍出版協会理事長賞(児童書・絵本部門)では、福音館書店から昨年11月に出版された『Michi(みち)』が受賞した。同書は、白い「道」が縦横無尽に伸びる色鮮やかな「未知」なる町を、一人の少年と一人の少女が旅をする物語。しかし、詳しいストーリーは一切つづられておらず、読み手一人一人の想像に委ねる「字のない絵本」となっている。

『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ
第53回造本装幀コンクールの日本書籍出版協会理事長賞(計6部門)受賞作品。右端が、児童書・絵本部門で受賞した『Michi(みち)』(福音館書店)。(写真:同コンクール提供)

表彰式は、9月10日に日比谷図書文化館(東京都千代田区)で行われる。また10月25~27日には、神保町ブックフェスティバルに合わせ、東京堂ホール(同)で入賞作品を含む全応募作品が公開展示される。

入賞作品は、11月12~14日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催される第21回図書館総合展で展示され、同月下旬からは、印刷博物館(東京都文京区)で「世界で最も美しい本コンクール」の2019年入賞作品と共に展示される。また来年4月には、奈良図書館情報室でも展示される予定。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

『聖なる漁夫』 ペテロの生涯とアラビア王女のロマンスが交錯する物語

『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ

神学書を読む(47)「知的ゲーム」としての宗教論、キリスト教に未来はあるか? 『西洋人の「無神論」日本人の「無宗教」』

【書評】『パウロの弁護人』 世界的な新約学者が描く初代教会をめぐる思想小説 臼田宣弘

励ましの一言がプレッシャーに? 現代日本人を読み解く『「承認欲求」の呪縛』という視点

「キリスト教書店大賞2019」 ノミネート10作品発表

神学書を読む(46)『神とは何か 哲学としてのキリスト教』

神学書を読む(45)神学的世界観の脱構築と再構築のために 『ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史』(上下巻)

神学書を読む(44)大貫隆著『終末論の系譜―初期ユダヤ教からグノーシスまで』

あの名作映画の原作を読む ルー・ウォーレス著『ベン・ハー』

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング