磯崎新氏、建築界のノーベル賞「プリツカー賞」受賞 東京基督教大学チャペルなど設計

2019年3月7日14時42分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+磯崎新氏、建築界のノーベル賞「プリツカー賞」受賞 東京基督教大学チャペルなど設計
磯崎新氏(写真:プリツカー賞)
- 広告 -

「建築界のノーベル賞」と呼ばれるプリツカー賞の2019年度受賞者に、東京基督教大学(千葉県印西市)のチャペルなどを設計した建築家の磯崎新(あらた)氏(87)が選ばれた。同賞を主宰する米ハイアット財団が5日、発表した。

磯崎氏は、カテドラル(大聖堂)をイメージして設計したという北九州市立美術館や、日本のポストモダン建築の代表作とされるつくばセンタービルなどで知られ、ロサンゼルス現代美術館や上海交響楽団コンサートホールなど、海外での作品も多数ある。

磯崎氏が設計した東京基督教大学のチャペルは、キャンパスの中庭の中央に位置し、約400人を収容可能。礼拝堂と音楽練習室の2棟から成り、礼拝堂はドーム型の屋根2つが接合した形をしており、エントランスホールの小ドームと合わせ、特徴的な外観を持つ。正面には鐘楼になっている塔が立ち、キャンパスのシンボル的な存在になっている。

同大本部棟事務局では磯崎氏の受賞を受け、チャペルの見学希望者の受け付けを行っている。事務局の受け付け対応時間は平日午前9時~午後4時45分。

今年で第46回を数えるプリツカー賞の日本人受賞者は、磯崎氏が8人目。大地震で被災した教会に代えて「紙の教会」や「紙のカテドラル」などを設計したことで知られる坂(ばん)茂氏も2014年に受賞している。授賞式は5月にパリ郊外のベルサイユ宮殿で開かれ、パリでの公開講演も予定されている。

東京基督教大学・TCU
東京基督教大学のチャペル(写真:同大)

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング