なにゆえキリストの道なのか(207)聖書は原本が残っているのか? 正木弥

2019年8月10日23時20分 コラムニスト : 正木弥 印刷
関連タグ:正木弥

聖書は原本が残っているのか。

著者が書いたもの(そのもの)は原本といいますが、それは残っていません。原本から書き写した「写本」が多数残っています。旧約聖書は、そうした多数のヘブル語写本からさらに多数の写本が作られました。そのほか、古代の翻訳本も重要です。

主なものを挙げると、マソレテ写本、アレッポ写本、カイロ・カライ会堂預言者写本、ロイヒリン写本、オリエンタル444写本、カイロ・ゲニザ〔貯蔵庫写本〕、サマリア五書写本、ナブルスの巻物、死海写本(BC3世紀前後のもので、1948年“死海”北西の洞窟から発見された)。七十人訳ギリシャ語訳本、その他のギリシャ語訳本、ヘクサプラ〔六欄聖書〕、ペシッタ〔シリヤ語訳〕、タルグム〔アラム語訳〕、コプト語訳、ヴルガータ訳など。

新約聖書についても、原本は残っていません。そしてやはり、このギリシャ語の原本から書き写した「写本」と、その写本からさらに書き写した写本が多数発見されています。その主なものを挙げると、まず、パピルス写本が、初めは巻物で、後にはコーデックスという何枚かをつづった帳面の形で、エジプトなど乾燥季候地帯で発見されました。これには、オクシリンコス・パピルス、ジョン・ライランズ・パピルス、エゲルトン・パピルス、ボードマー・パピルス、チェスター・ビーティ・パピルスなど88が発見されています。

後に、パピルスよりもはるかに耐久性のある羊皮紙、獣皮紙の写本が作られました。字体による分類としては、楷書体の大文字写本が300弱、草書体の小文字写本が約3千残っています。

大文字写本としては、シナイ写本、バチカン写本、アレキサンドリア写本、エフライム写本、ベザ写本、クレルモン写本、コリディ写本などが残っています。

このような多数の写本・訳本などを学者たちが厳密に比較考量して《校定本文》を作成していますが、それは、気が遠くなるほどの緻密で根気のいる研究の結果なのです。その《本文》から、現代の各国語へと翻訳され、印刷されて、我々の手許に届いているわけです。

ですから、原本が残ってなくても、不確かというわけではなく、写本、訳本などが多数残っています。また、かぎりなく原本に近づいていく努力をし、また複線の検証も繰り返していますから、安心できるものだと思います。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース