ベストセラー作家の米メガチャーチ元主任牧師が「棄教」 「私はクリスチャンではない」

2019年8月4日22時36分 印刷
+ベストセラー作家の米メガチャーチ元主任牧師が「棄教」 「私はクリスチャンではない」
主任牧師を務めていた時代にカベナント・ライフ教会(米メリーランド州)でメッセージを伝えるジョシュア・ハリス氏=2014年5月18日(写真;同教会 / スクリーンショット)

ベストセラー『聖書が教える恋愛講座』(原題:I Kissed Dating Goodbye)の著者で、米メリーランド州にあるメガチャーチ「カベナント・ライフ教会」の元主任牧師でもあるジョシュア・ハリス氏(44)が7月26日、自身のインスタグラムに、自身はもはやクリスチャンではないと告白する内容(英語)を投稿した。

この衝撃的な告白の約1週間前、ハリス氏は20年連れ添った妻のシャノンさんと離婚することを発表(英語)。2人は今後、「友人」として3人の子どもを育てていくと明らかにしていた。

ハリス氏はインスタグラムの投稿で、目前に迫る離婚へのコメントに返信すると共に、別の衝撃的な告白を表明。自身は信仰から離れ、もはやクリスチャンとしての認識はないことを明らかにした。また、これまで同性婚を支持しなかったことや、性的少数派の存在を認めなかったことについて謝罪した。

ハリス氏がインスタグラムに投稿した全文(日本語訳)は以下の通り。

私の心は感謝の気持ちでいっぱいです。離婚発表後に私のところに寄せられてきたさまざまなメッセージを皆さんにも見てもらえたらいいのにと思います。メッセージの送り主は悲しんでいたり、離婚は誤りだと強く叱責したりしていますが、どのメッセージにも愛が表れています。

恵みを示さないグループは一つもありません。今週はクリスチャンや無神論者の方々、福音派や元福音派の方々、異性愛の方々や性的少数派の方々、その中間の方々が恵みを示してくださっています。もちろん、宗教的な方々からは手厳しい叱責もありました。すべてが心地よいわけではありませんが、誰もが私を愛そうとしていることを知っています。(ただし、意地が悪く、憎しみに満ちたコメントもあり、私は怒り、傷つきました)

私たちの発表に抜け落ちていたことは、イエスに対する私の信仰に大きな変化があったということです。それは一般的に「脱構築」と呼ばれています。聖書の言葉で表現するなら、「堕落」(へブル6:6、英語訳聖書では「falling away」)です。クリスチャンを定義付けるあらゆる基準に照らすなら、私はクリスチャンではありません。多くの方から、別の仕方で信仰を実践すべきだと言われます。私はそれに心開き続けていたいのですが、もはや私はそのような段階にはいません。

マルティン・ルターは、信者の全生涯は悔い改めであるべきだと言いました。神観のいかんにかかわらず、悔い改めには美しさがあります。私は過去数年間、悔い改めの中で生きてきました。つまり自分の独善的な態度の悔い改めであり、恐怖心に基づいた生き方の悔い改めであり、自分の著書に書いた教えに関する悔い改めであり、キリスト教会における女性観に関する悔い改めであり、子育ての仕方に関する悔い改めなどです。しかし今ここで、特別に付け加えたいことがあります。性的少数派とその共同体の皆さんへ。私の著書や説教の中で、私がセクシュアリティーに関して教えた見解について謝罪したいと思います。同性愛カップルの結婚に反対し、皆さんや皆さんの立場を支持しなかったことを後悔しています。また私の文章や発言で、(性的少数派に対する)排斥や偏見の文化に貢献したことを後悔しています。皆さんが私をお赦(ゆる)しくださることを望みます。

ハリス氏は3年前、1997年に出版した著書『聖書が教える恋愛講座』に記したアドバイスについても謝罪していた。同書はハリス氏が20代の時に執筆した作品で、当時ハリス氏は、自身の信仰的観点からコートシップ(結婚を前提とした交際)を推奨する立場にあり、結婚を前提としないデートはしていなかった。著書の中では、デートについて「離婚の訓練の場」とさえ述べていた。

自身のウェブサイトに掲載した謝罪声明では、「デートは避けるべきだという中心テーマに、私はもはや同意できません」と表明。「デートは個人が人間関係を構築したり、パートナーとして最も重要な資質を学ぶ場で、健康的な一面になり得ると今は考えています」とつづっていた。

そして昨年には、同書を廃刊にすると発表。「『聖書が教える恋愛講座』に見られる欠陥を踏まえ、同書および同書に関連した補足的発行物(同書の後に書いた同様の内容の著書2冊も含まれる)を廃刊にすることが最善だと考えます」と述べていた。

ハリス氏は2004年、30歳で独立系の福音派メガチャーチ「カベナント・ライフ教会」の主任牧師に就任。しかし同教会では14年、元ボランティアが児童に対する性的虐待で有罪となり、ハリス氏は改革派の宣教団体「ザ・ゴスペル・コウアリション」の役職を退任。翌年には、同教会の主任牧師からも退いていた。

関連記事:ジョシュア・ハリスへの手紙

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース