百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(19)新島八重 篠原元

2019年7月30日09時52分 コラムニスト : 篠原元 印刷
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(25)新島八重 篠原元
新島八重(1845~1932)

男性の皆さん、女性の皆さん、2019年の夏をいかがお過ごしですか? 子どもたちは、夏休みでしょう。でも、大人には関係ありませんね。

ただし、来月になるとある程度の休みを大人も取れるはずですね? まぁ、夏休みっていうと、子どもがずっと家にいる・・・。あと、孫たちが遊びに来るって、時季ですね。

お父さん、お母さんの皆さん!おじいちゃん、おばあちゃんの皆様方。「どうやって過ごさせようか?」と悩みませんか?

あのね、「うるさいから、スマホいじっといて」とか、「あぁ、何か見てるから、それでいいやぁ」と考えちゃ駄目ですよ! 夏休み、非行に走らないように、我が子、我が孫が。

親や家族の知らないところで、スマホで何を見てんのか、どういうやからとやり取りしてるのか・・・? 想像もできないようなことを子どもがしないうちに、とんでもないモノを孫が見ないうちに、手を打つべきですね!

子どもは、外でしっかりと遊び、走りまわり、はしゃぐべきはずです。それが、今の子どもときたらスマホでゲームやら何か映像を見ている。だから、静かです。

うるさく、はしゃいで、そこらへんで体を動かして、家に戻ってきて、メシをたらふく食べて、ぐっすり寝る・・・。これが本来の姿のはずですが、スマホの存在で、今はそうじゃなくなっている。

危険ですね、かなり。何が、言いたいか? つまり、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、お兄さん、お姉さんの皆々様。この夏休み、子ども、孫、甥、姪、小さい弟や妹たちを外に連れ出しませんか? 遊びにつれていってあげませんか?

スマホばっかりやってると、脳にも悪影響。さらに、体を動かさないので、肥満の原因にもなります。健康に良くないですから! 一緒に外に出て、思いっきりはしゃがせてあげて、自然と触れ合わせてあげ、興奮させてあげるのがいいです! 夏なんだから、家の中でじっとスマホでにらめっこさせてるなんて、もったいないですよ!

「でも、うちの子が喜ぶ所なんて・・・、どこかな?」とか「自然に触れ合って、はしゃぐガラじゃないな、この子は」とか「すましていて、表情がないなぁ。彼は・・・」と思われるでしょう。

そんな皆さんに吉報!! 今日は、ある一つのスポットをご紹介しますよ! 実際に、篠原が行ってきたので、実証済みです。

どこかって? それが「千葉港」ですよ! 皆さんね、千葉って何があります? なぜか、東京がつく東京ディズニーランドとかね。でも、今日ご紹介するのは、千葉港。

皆さんね、横浜港とか神戸港とかが有名ですよね。でも、千葉港ってスゴイんですよ。貨物取扱量全国第1位に何年も連続でなり、港湾空間規模日本一らしいです。で、旅客ターミナル等複合施設ケーズハーバーっていう建物があって、みなとオアシスに指定されてるんですよ。

いやぁ、篠原もつい最近まで千葉港のことなんて意識してなかったんですけど、紹介されて、行ってきたわけですよ。まず、そのケーズハーバーっていう建物がキレイ。で、その前には船が出る桟橋があって、その周囲は歩くのにもいいし、海を見ながらまったりすることもできる(ベンチとかがいっぱい置いてあって)。

また、ケーズハーバー(ちなみに、最寄駅は千葉みなと駅。車で行った場合は、ケーズハーバーの前に駐車場があります)の近くに、恋人の聖地・日本夜景遺産の千葉ポートタワーもあるんです。それから、篠原は興味がないんですが、千葉県立美術館も近くにあるんですね。

特筆すべきは、千葉港巡りの船ですね。この船に乗ってきたんですよ! ケーズハーバーの前の桟橋から出る、【あるめりあ】っていう船に乗って、千葉港を巡るんですよ。いろいろなコースがあるみたいですが、篠原は、約40分の「千葉港めぐり」(大人千円)っていうコースでした。

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの皆様! 篠原が乗ったとき、千葉のいすみ市から来ていた小学生の団体も一緒でしたよ! この写真分かります?

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(19)新島八重 篠原元

この子たち(ちなみに、一番左端の大きい人は関係ない男性ですからね)、みんな小学6年生。小6の約20名一行が、観光船の中を走り回って、はしゃいでるんですよ。写真は、すれちがった大型船の乗員と手を振り合っているものですね。小6の子たちが、手を大きく振ってるんですよ。

また、かもめがスゴイの! かもめが船についてきて、エサをもらうんですよ! 空中キャッチとかもあるらしい、篠原は見ませんでしたけど(エサは船内で売っているらしいです)!

とにかく、小6の子どもたちが大興奮、大騒ぎ、めちゃくちゃ楽しんでいましたね、本当。船内を走り回ってましたからね。ま、「うちの子どもは、本当におとなしい」とか「ゲームばっかりしてて、体を動かさない!」と思うでしょう。

でもね、たまには外に一緒に出掛けて、船に乗せて、鳥と触れ合わせ、潮風に吹かれさせ、海を眺めさせ、船内で興奮させる。子どもにとってもスゴイ良いひとときになりますよ。それを眺めている大人の皆さんも幸せになります!【あるめりあ】っていう船に乗っての千葉港巡り、一度どうぞ!この夏休みに。

で、ランチやディナー、またはティータイムは、ケーズハーバーの中のレストランで・・・。ちなみに、ケーズハーバーの周りには高級ホテルやビジネスホテルもありますから、遠くの方たちは、一泊っていう手もありますね!

あっ、船ですから、その日出航するかどうかとか、またコースとかは、ちゃんと行く前に確認してくださいね。以下の、千葉ポートサービスさんのホームページで。あと、クーポンもありますから、要チェックです!

千葉ポートサービスのホームページ

ま、とにかく、千葉港おすすめです!一度、どうぞ。

さて、本題に入ります。本題までが長かったですね。ま、気になさらず(笑)。あと、誤解されないように書きますが、私は千葉港の営業マンでも千葉ポートタワーや千葉県立美術館や千葉ポートサービスの営業マンでもありませんからね(笑)。

はい、本題です。そして、質問です。ぜひ想像してください。想像するのは自由で、無料で、勝手ですから。(社会人でない皆さん、大学生、高校生、中学生の皆さんも、社会人だって想定してください・・・。)

はい、ある日突然、社長があなたの所にやってきます! 普段、なかなか見ることも、話すこともない、社長! その社長がニコニコしながら、あなたの前に・・・!

そして、社長が満面の笑顔で言う。「いや~。〇〇さん! いつも、よくやってくれているねぇ。君の存在は、わが社の誇りだ!! 君のことを、△□商事の〇X専務から聞いたよ。えらく褒めていらしたよ! 君のことが気に入ったから、今後わが社とだけ取引したいってね! そんな君に、特別休暇をあげるよ。何日でもいいよ。たまには、ゆっくり休んで、英気を養ってきてくれたまえ!」

こんなこと言われたらどうします?「あっ、これは夢だ」と、後ろを向いて自分の顔をつねります? まぁ、自分の顔をつねったり、たたく分には問題ありませんね。だけど、間違っても、目の前の社長の顔を叩いたり、パンチしてはいけませんね。もし夢でなかったら、大変なことになります。休みどころではなくなりますね、多分。永遠に会社を休めることになります、おそらく。

ま、実際、夢じゃなかったらどうしますか? 皆さんは?「お褒めいただき、ありがとうございます。でも、私だけがお休みを頂くなんて・・・」と遠慮しますか? それともすぐに、「社長ありがとうございます!では、10日間の休暇ください!!」と言いますか。

ま、とにかくですよ。仮にですよ、皆さんが実際にそんなことを社長や部長に言われたら、何日の休みをもらいます? 1日、3日、1週間、10日、1カ月? ま、現実問題ですが、社長がやってきて「何日でも休んでいいよ」・・・なんて、あり得ないですよね。ただでさえ休みや自由な時間って取れないですよね。おそらく有給だって、取りづらいのでは?

そんな皆さんにお聞きしたいのです。1日のうち、自由時間、どれくらいありますか? つまり、皆さんが自由に使える時間は1日の中でどれくらいかということです。社会人になると学生時代に比べて、めちゃくちゃ少なくなりますよね、この自由時間。

「朝会社へ向かって、仕事。仕事終わって、夜帰って寝るだけ」っていう方も多いはず。日本人の平均自由時間は、1日に2時間くらいらしいです(尊敬する先生が言っていました)。

つまり、何をしてもいい自由な時間が、日本人は1日平均2時間ってことですね(食事、睡眠、仕事とかの時間は含めない時間です)。皆さん、どうでしょうか? 毎日、2時間の自由時間がありますか? あるなら、平均的日本人のようです。

で、日本人は、その自由時間に何をするのか? まさか、仕事とかって言わないでしょう。それは、単なる仕事人間です。自由時間に、何をするのか? 最も多いのは、テレビ&ネットらしいです。どうでしょう。皆さんも同じですか?

ま、周りを見れば、通勤中の人もランチ中の人も歩いている人もスマホを使ってますね。みんな、スマホで何か調べたり、記事を読んだり、ゲームしたり、いろいろやってますね。

で、今日は最後に提案したいのですが、皆さんの自由時間をもっと有意義に、自分のスキルアップ、自分への最高の投資に使いませんかってことです。

スマホより、テレビより、もっと自分の脳にも体にも人格成長にも良いことを。自由時間に・・・。あの、スマホって電磁波出てますよ。スマホばっか使って見てると、電磁波もろにあびますよ。

それから、テレビを見ることによる悪影響もあるので紹介しときます。それは、肥満です。太るんです! やせたい、女性の皆さん! テレビだけでなくスマホもですが、テレビを見過ぎたり、スマホを使いまくっていると、自然と座り込む時間が長くなりますね。自然と動かない時間が多くなりますね。そうすると、必然的に太るわけですよ。やせたいなら、スマホやテレビのリモコンはそこらにほっといて、動く時間を取るべきです!

あっ、社会人の皆さん、カップルの皆さん。たまには、映画とかショッピングとかじゃなく、自然に触れ合いながらのデート、休日もいいですよ!

千葉港に行って、【あるめりあ】に乗って、潮風に吹かれ、童心に返る。そして、恋人の聖地・千葉ポートタワーに2人で・・・。1人で行くなら、ゆっくりとケーズハーバーの周りを歩き、船に乗り、カフェで一息ついて、美術館とか・・・。

外に出るんです、自由時間に、土曜日に、祝日に。で、最後の最後、今日篠原がおすすめしたいのは、新島八重のような生き方、過ごし方をしませんかってことです。

あの大河ドラマの新島八重です! 彼女は、女学校で教鞭をとっていました。が、ある日、突然解雇。で、その時、彼女がどう言ったと思います。いや~、カッコいい!さすが、新島八重です!彼女はこう言ったんですね。

「いいのよ、これで福音の真理を学ぶ時間がもっととれるわ」(『100人の聖書』49ページ参照)。

女性の皆さん!と、男性の皆さん。突然、解雇された新島八重がはなった言葉! こんな前向きな言葉ってないですよね。分かりやすく言いますと、福音の真理=聖書のことですよ。つまり、あの新島八重は、解雇された。じゃぁ、聖書を学ぶ時間がもっと取れるわ、って言っているのですね。

女性の皆さん!と、男性の皆さん。あの新島八重のように、自由な時間、そして、休日、世界のベストセラー聖書を学びませんか? 聖書を読んで、学ぶことに、自由時間をあてませんか?

世界のベストセラー聖書を、あの新島八重も読んでいました。あのリンカーンも福沢諭吉もバッハもガンジーもチャーチルもヘレン・ケラーも・・・。世界中の偉人という偉人は、聖書を読んで、聖書の影響を受けていた。そう、聖書から学んでいたのです!

皆さんも、1日のうちの自由時間、偉人たちが読んでいた書物、聖書を読みませんか? それこそ、偉人のような男性になるスタート、新島八重のような強く素敵な女性になる入り口でしょうね。

自由時間、休日に手がいきやすい、スマホやテレビのリモコンをちょっと遠くに置いて、新島八重や歴史上の偉人たちが読んだ、聖書を読む。カッコいいですね! 健康、美容、ダイエット、ボケ防止のために、今日から、自由時間、休日の使い方を変えましょう! スマホ、リモコンを離し、外に出て行く。そして、何より世界のベストセラー聖書を新島八重のように手にする、学ぶ。

偉人と同じことをする、世界の偉人たちが読んでいた書物を読み始める・・・。周りの人とは一味も二味も三味も十味も違う、カッコいい人生、超有意義な休日、自由時間の使い方、あなたから始めましょう!

次回、8月20日、あのベートーヴェンです! 皆さんには、夏休み一緒に遊ぶ友人がどれくらいいますか? 何でも相談できる親友は何人いますか? 友人、親友は大事です・・・。が、この夏、一人の時間、自由時間も大切に。その時間は、聖書を読んでお過ごしください。また、次回に。

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

炎リバイバル教会ホームページ

関連タグ:篠原元

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース