「福音商会電機製作所」として創業 パイオニア、香港ファンドの子会社に

2019年1月28日22時54分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「福音商会電機製作所」として創業 パイオニア、香港ファンドの子会社に
パイオニアのロゴ
- 広告 -

牧師の息子である松本望(1905〜88)により「福音商会電機製作所」として創業したパイオニア(東京都文京区)が、香港の投資ファンドの完全子会社になることが決まった。早ければ3月にも上場廃止となり、投資ファンドの下で経営の立て直しを図ることになる。

パイオニアは25日、臨時株主総会を開き、香港の投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」(BPEA)から総額約1020億円の出資を受け入れ、完全子会社となることを承認した。今後2年かけ、人員削減や生産拠点の統廃合などを行い、構造改革を進める。

パイオニアの創業者、松本望は1905年、神戸市で牧師の松本勇治の次男として生まれた。関西学院中学校を中退してからは、音響機器会社などで勤務し、37年に国内初となるダイナミックスピーカー「Aー8」の開発に成功。翌38年に「福音商会電機製作所」を設立し創業した。47年には「福音電機株式会社」に改組し、61年に社名を「Aー8」の商標であったパイオニアに改称。セパレートステレオやレーザーディスクの開発、商品化を成功させるなどした。

パイオニアの公式サイトには、78年に電波新聞社より出版された自叙伝『回顧と前身』が全編掲載されており、大きな影響を受けたとする父・勇治の生い立ちなどを詳しく記している。渡米中、寄宿舎で一緒になった松岡洋右(ようすけ、後に外相となる)の影響でクリスチャンとなった勇治は、米国滞在中から路傍伝道をする熱心さで、新婚旅行でさえ徒歩による伝道旅行だったという。

松本望は同書で「直情径行の、まっ正直な性格と信仰。そして体当たりの実践。それでありながら、温かく、広い心の持主であった父。このひたむきさと、独立独歩の精神と、人との交わりの大切さ。そういう生き方を、私は父からの遺産として受けているように思える」とつづっている。

勇治はキリスト同信会に属していたが、「主イエス・キリストを信じる者はみな兄弟姉妹」と、教派を隔てることなく交流し、特に無教会の人々と親交が深かったという。後に無教会の伝道者・聖書学者となる黒崎幸吉や、東京大学総長となる矢内原忠雄に洗礼を授けたのも勇治だった。

この他、松本望の関係者では、弟の頼仁(よりよし)も牧師で「さふらん幼稚園」(東京都町田市)を創設。妹の睦は、牧師の笠利尚(かさり・たかし)と結婚し、夫婦で「武蔵野中央幼稚園」(同武蔵野市)を創設している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング