『志の力』 クリスチャン社長と元文科相が問う「人生をどう生きるか」

2018年5月29日10時45分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:青木仁志
+『志の力』 クリスチャン社長と元文科相が問う「人生をどう生きるか」
下村博文、青木仁志著『志の力』(アチーブメント出版、2017年10月)
- 広告 -

昨秋、アチーブメント出版から『志の力』が出版された。本書は、元文部科学大臣の下村博文(はくぶん)衆院議員とアチーブメント株式会社の青木仁志(さとし)社長の共著。青木氏は、人材教育コンサルティング会社の社長としても有名だが、クリスチャンでもあり、日本CBMCの理事長を務めるなど、「地の塩・世の光」として活躍している。

日本の教育を真剣に考えてきた政治家と、人材を育成するプロフェッショナル会社の社長による夢の対談。形は違いながらも「人を育てる」ことのプロである彼らが、今一番伝えたいこと。それは「人生をどう生きるか」だ。

昨今、目的を持たず、何となく生きている人が大勢いる。その一方で、未来学者のレイ・カーツワイルは「2045年に機械が人間を超える日『シンギュラリティ』が到来する」と予測する。

あるボーダーを超えると人工知能(AI)は急速に、無限大に発展を遂げる。これを「シンギュラリティ(技術的特異点)」と言う。シンギュラリティが起きた時代に、多くの仕事がAIに代替されるといわれている。18世紀に英国で起きた産業革命のように、失業者が多く出るかもしれない。逆にAIが代わりに働き、人は働かなくてもよくなる世界になるかもしれない。そんな時代が目の前に迫る中、果たして人は、どんな生き方を選べばよいのか。

迫りくる社会の変化に突き付けられる「人はいかにして生きるべきか」「人はどうすれば幸福を手に入れられるのか」という問い。『志の力』ではその答えが「個々人が志を抱くことだ」と述べられている。

本書の面白さの1つに、著者2人の人生観の違いがある。

下村氏は、仏教の輪廻転生を例えとしてよく出す。今世で魂を磨き、その都度の人生でその人が与えられた「人生のテーマ」に生きることが人生だと語る。

一方、クリスチャンの青木氏は、聖書の言葉をよく使う。利己的な自己実現の先の虚(むな)しさを追い求めるのではなく、神から与えられた利他的な使命を全うすることが人生だと話す。

違った宗教観を持った2人が、同じ「志を持つ」ことを大切にする事実は、「志を持つ」という行為に、人間存在の意義や真理が隠されているのではないか、と感じさせる。

『志の力』 クリスチャン社長と元文科相が問う「人生をどう生きるか」
『志の力』の出版記念講演会で話す下村氏(左)と青木氏=16日、浅草公会堂(東京都台東区)で(写真:アチーブメント株式会社提供)

今月16日には、東京の浅草公会堂で『志の力』の出版記念講演会が開催され、800人以上が参加した。講演会の冒頭、2人は「志」の原点について語った。

下村氏は、9歳の時に父親が交通事故で他界し、母子家庭で育てられた。親族に支えられた経験から「周りの人に恩返しをしたい」という強い思いを抱き、政治家を目指したという。

一方、青木氏は、若くして両親が離婚し、再婚した義理の母親に厳しく育てられる。上京してトップセールスマンを目指すが、自己実現のためにひた走りつつも虚しさを感じた。そうした中で「聖書」に出会い、考え方が180度変わった。

新約聖書の「だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」(マタイ7:12)という言葉が与えられ、自分がしてもらいたいことは他人にも行う「黄金律」を今でも大切にしている。

講演会では、自己実現だけを追い求めてきた過去に「虚しさを感じた」と振り返っていた。

本書が言う「志」とは、一個人が持つ「夢」ではない。「どうしたら人の役に立つのか」といったような、利他主義・社会貢献的な考えに基づくものが「志」だ。

「夢」は自分自身の自己実現にすぎないが、「志」は自己の枠を超え、社会貢献的で後々の世代にも受け継がれる壮大なもの。日本はこれから「志」を持った人間を多く輩出できるよう教育を整えていくべきだ、というのが講演会の主な内容だった。

宗教観や職種は違う2人だが、対談は機知に富んだものだった。「成功する人はやはりどこか違う」。本書を読んだり、講演を聞いたりすると、そう感じる人もいるかもしれない。しかし私たち一人一人にも奥底で眠る「志」があるはずだ。

旧約聖書にはこんな言葉がある。「わたし(神)はあなたを母の胎内に造る前からあなたを知っていた」(エレミヤ1:5)。聖書は、私たちが生まれる前から、神が一人一人に計画を持っておられることを教えてくれる。キリスト教的に言えば、すべての人には神の御心があり、本書の言葉で言えば、それは「志」と言えよう。本書は、自分自身を振り返り、自分に与えられた「志」を気付かせてくれる機会を与えてくれるはずだ。

■ 下村博文、青木仁志著『志の力』(アチーブメント出版、2017年10月)

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:青木仁志

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング