教皇「11月に訪日」機内で報道陣に回答 下旬に5日間前後で調整

2019年1月24日01時33分 印刷
+ローマ教皇フランシスコ
ローマ教皇フランシスコ

ローマ教皇フランシスコは23日、パナマへ向かう機内で報道陣に対し「11月に日本に訪問する」と語った。共同通信の記者の質問に答えたもの。同通信が関係者の話として伝えたところによると、訪日の日程は11月下旬に5日間前後で調整しているという。

教皇は訪日中、被爆地の広島と長崎を訪れ、被爆者のために祈りをささげる予定とされている。一方、同通信(英語版)によると、東日本大震災の被災地の訪問も検討されている。

教皇の訪日は、1981年2月に訪日した故ヨハネ・パウロ2世以来、2度目38年ぶり。ヨハネ・パウロ2世も訪日した際には、広島と長崎を訪問している。

AP通信(英語)によると、教皇は機内でこの他、イラクへの訪問希望も表明した。しかし現地の教会指導者からは治安が悪く、まだ適切な時期ではないと伝えられたという。

今年の訪日について教皇は昨年9月、天正遣欧使節顕彰会(宮崎市)の関係者らと面会した際、初めて表明。同12月には、前田万葉(まんよう)枢機卿(大阪教区司教)ら日本からの訪問団とバチカン(ローマ教皇庁)で面会した際、今年末に広島、長崎を訪問したいとする意向を表明していた。

教皇は23日〜27日までパナマに滞在し、同国で開催されるカトリック教会の「ワールド・ユース・デー(世界青年の日)」世界大会などに出席。27日に帰国の途につき、28日にバチカンに到着する予定。

AP通信によると、今年前半はこの他、アラブ首長国連邦(UAE)、モロッコ、ブルガリア、マケドニアを訪問する。後半は日本の他、マダガスカルへの訪問が取り沙汰されている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング