教皇フランシスコ、来年末に訪日意向 広島・長崎で被爆者のための祈りへ

2018年12月18日11時16分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ローマ教皇フランシスコ
ローマ教皇フランシスコ=2013年7月27日(写真:Agência Brasil)
- 広告 -

ローマ教皇フランシスコは17日午前、前田万葉(まんよう)枢機卿(大阪教区司教)ら日本からの訪問団とバチカンで面会し、2019年末にも被爆地の広島と長崎などを訪れたいとする意向を示した。教皇は9月、天正遣欧使節顕彰会(宮崎市)の関係者らと面会した際、来年の訪日意向を初めて表明。今回さらに具体的な日程と訪問地を言及したことになる。

共同通信(英語版)が前田枢機卿の話として伝えたところによると、教皇は訪日中、被爆者のための祈りをささげる見込み。

17日は教皇の82歳の誕生日だった。バチカン放送(日本語版)によると、前田枢機卿と訪問団約30人がバチカン宮殿の一室で面会。訪問団は教皇に誕生ケーキを贈り、「ハッピー・バースデー」を歌い届けた。教皇は訪れた一人一人と親しくあいさつを交わし、次回は日本で会おうと話したという。

教皇の訪日はこれまでも、安倍晋三首相をはじめ、行政からも日本のカトリック教会からもさまざまな形で要請されてきた。また被爆地の訪問をめぐっては、広島と長崎の両市長が5月、連名で訪日を要望する親書を手渡していた。

来年の訪日が実現した場合、1981年2月に先々代の故ヨハネ・パウロ2世が訪日して以来、38年ぶり2回目の教皇訪日となる。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング