教皇フランシスコ「来年、訪日したい」 実現すれば38年ぶり2回目

2018年9月12日23時50分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+教皇フランシスコ、ローマのユダヤ教会堂公式訪問
ローマ教皇フランシスコ(写真:Jeffrey Bruno)
- 広告 -

ローマ教皇フランシスコは12日、バチカン(ローマ教皇庁)で天正遣欧使節顕彰会(宮崎市)の関係者らと面会し、来年にも日本を訪問したいとする意向を示した。教皇はこれまでも訪日を希望する発言を度々していたが、時期について言及したのは初めて。実現すれば、1981年2月に先々代の故ヨハネ・パウロ2世が訪日して以来、38年ぶり2回目の教皇訪日となる。

バチカン放送(日本語版)によると、教皇はこの日、バチカンの「パウロ6世記念ホール」の小ホールで、天正遣欧使節顕彰会の関係者らと面会。「皆さんのこの訪問を機会に、来年、訪日したいと、私が望んでいることをお伝えしたいと思います。実現を期待しましょう」と語った。

教皇の訪日については、安倍晋三首相が2014年6月、バチカンを訪問し教皇と会談した際にも要請しており、教皇が前向きな返答をしていたことが伝えられている。この際には、日本カトリック司教協議会の岡田武夫会長(当時)が「安倍首相のフランシスコ教皇訪日要請の報道を受けて」とするコメントを発表。同協議会は13年10月に教皇の訪日を願う書簡を送っていたが、その時点ではまだ承諾の返答がないことを明かし、訪日の願いを再度伝えていた。

16年8月には河井克行首相補佐官がバチカンを訪問し、国務省外務局次長のアントワン・カミレリ神父と会談。教皇の早期訪問を要請し、カミレリ神父は17年の訪日を検討したいと応じていたが、同年の訪日は実現しなかった。

17年10月には、日本聖書協会の渡部信総主事が聖書協会世界連盟(UBS)の理事の1人として教皇と面会。「日本のクリスチャンは、教皇が日本に訪れることを待ち望んでいます」と伝えると、教皇は「行きますよ、問題はいつ行くかです」と笑顔で応じていた。また同年12月には、映像回線を通じて、上智大学の学生らと対話するなどしている。

今年に入っては、日本人6人目の枢機卿に就任した前田万葉大阪大司教が6月、バチカンで枢機卿叙任式が行われた際、教皇に直接訪日を要請していた。

教皇フランシスコは、日本にキリスト教を伝えた宣教師フランシスコ・ザビエルで知られるカトリックの男子修道会「イエズス会」の出身。青年時代には、日本の宣教に携わることを希望していたが、肺の手術などのために断念した経緯があるという。

天正遣欧使節顕彰会は、1585年にローマを訪れ、当時の教皇グレゴリウス13世と面会した日本人青少年4人とイエズス会の宣教師らによる「天正遣欧少年使節団」の顕彰活動を行っている団体。同使節団は日本を出国してから帰国するまで8年かかっており、AFP通信によると、教皇は「あなた方(の旅)は短く、疲れも少なかったでしょう」と冗談も語ったという。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング