ナッシュビルからの愛に触れられて(26)ナッシュビルツアー2012・その3:市長との面会

2018年11月9日20時28分 コラムニスト : 青木保憲 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:青木保憲
+ナッシュビルからの愛に触れられて(26)ナッシュビルツアー2012・その3:市長との面会
フランクリン市長ケン・モーア氏と私たち
- 広告 -

テネシー州ナッシュビルのクライストチャーチとの交わりが深まるにつれ、各方面から支援やさまざまな展開の方向性を頂いた。「支援」とは、具体的に「復興支援のために」として献金を頂くことであった。一方、「展開の方向性」は多岐にわたった。具体的に、モリース氏の物語(日本のために命を燃やし尽くした)をメディアに流してはどうかと打診されたり、クライストチャーチ来日の支援グループをNPOとして立ち上げてはどうか、と提案されたりしたことである。

その中で一番反応が良かったのが、京都市とナッシュビル市、またはお隣のフランクリン市との間に何らかの公的提携を結べないか、という企画である。これに真っ先に反応したのがフランクリン市であった。クライストチャーチの教会員の多くがフランクリン市から教会へ来ていることもあり、彼らのツテでなんとフランクリン市長のケン・モーア氏に会えることになったのである。これを聞いたナッシュビル在住のクライストチャーチ教会員も黙っていなかった。これまた自分たちのツテで紹介くださったのは「在ナッシュビル日本国総領事館」であった。

ご存じのように、総領事館は日米の文化交流の懸け橋となる働きも担っている。そのため、クライストチャーチの働き、特に復興支援のために尽力してくれたことを総領事に報告することで、ナッシュビル市長らと面会することができないか、と彼らは考えたのであった。教会員の一人が、総領事館にツテがあったそうである。

私は早速その教会員の方とナッシュビル都心にある「総領事館事務所」を訪れた。そしてナッシュビル市長カール・ディーン氏とナッシュビル姉妹都市委員会委員長のヘザー・カニングハム氏を紹介されたのである。

ここまでが2011年の出来事。そして翌年2012年に、フランクリン市長ケン・モーア氏、ナッシュビル市長カール・ディーン氏と面会することが許されたのであった。彼らは京都市との公的な提携にも前向きであるという。事前に京都市役所を訪れ、事の概要を話して協力を要請していたことは言うまでもない。残念ながら京都市にとって「姉妹都市提携」はすでに全世界の各都市と結んでいるため、これ以上増やすことは難しいらしいが、友好都市として何らかの文化交流のために公的な関わりを持つことは問題ない、との回答を得ていた。

ブリッジ・ミニストリーでの感動的な奉仕体験の翌日、私たちは(学生も含め)皆パリッとしたフォーマルな服を着て、フランクリン市庁舎前にたたずんでいた。ケン・モーア氏との面会である。その日の午後にナッシュビル市庁舎でカール・ディーン氏と面会予定があった。今でもこの日のことを思い出すと、胃のあたりがきりりとする。緊張が皆の中に漂う一日であった。

フランクリン市庁舎は、南北戦争の戦場跡地を思わせる歴史的な遺産が展示されていて、異国情緒豊かな造りであった。ある部屋に通されると、よく映画で見るようなマフィンとオレンジジュース、コーヒーなどが並べられていた。案内してくれた方が「ここで自由に食べていてください」と言葉を加え、その場を立ち去ったが、誰も用意された品々に手を伸ばしたりはしなかった。緊張のあまり、誰も何も話さない時間が流れていった。

待つこと数十分、正面の扉が開いて、ケン・モーア氏が軽やかに入ってこられた。そして握手を求められ、クッキーやマフィンを勧められた。印象的だったのは、彼の屈託のない笑顔である。「子どもの頃からこんな顔していたのかな?」と、場違いなことを考えていたことを今でも覚えている。

その後、和やかに歓談の時は過ぎていった。私もまとめておいたクライストチャーチのビデオをお見せし、彼らの活動の素晴らしさを拙い英語でお伝えした。彼らは熱心に話を聞いてくださり、ぜひ今後もいい交わりをしてもらいたい、そしてまたこちらへ来られたときは、友人として市庁舎を訪問してもらいたいと温かい言葉を掛けてくださった。そして最後に、彼の付き人からピンバッジを渡された。それはフランクリン市のバッチで、友好の証しであると説明を受けた。

面会時間は30分程度。終わったとき、急にお腹が鳴ったことを覚えている。すぐさま私たちは近くのピザ屋に向かった。

午後からはナッシュビル市庁舎へ。こちらはフランクリン市とはまったく違う雰囲気だった。何しろ建物がフランクリン市庁舎の倍以上はある。そしてセキュリティーが厳しく、カバンの中身までチェックされた。中に入ってさらに驚愕(きょうがく)。建物の構造自体がまったく異なっている。歴史的な重みを感じさせながらも、こぢんまりとした造りであったフランクリン市庁舎に対し、こちらはどちらかというと前衛的な近代性をモチーフにしている。掲げられた絵画や彫刻など、アーティスティックなのだろうが、私には何が描かれているのか分からない、そんな抽象度の高い作品ばかりであった。

通された部屋も大きく、正面壁には巨大モニターがあり、プロジェクターが備え付けられていた。お菓子やジュース類は一切なし。立ったまま数分待たされ、正面の入り口から大柄な男性が大股でこちらへ向かってきた。市長のカール・ディーン氏である。

彼はにこやかに近づいてくると、私たち一人一人と握手を交わした。その握力はものすごい。こちらの手が握りつぶされるのではないか、と思うほどであった。その後、フランクリン市で行ったのと同じ説明をし、動画を見せた。熱心に聞き入ってくれ、動画を見てくれた。

ナッシュビルからの愛に触れられて(26)ナッシュビルツアー2012・その3:市長との面会
熱心に聞き入るカール・ディーン氏

一通りの説明の後、カール氏はナッシュビル市の歴史やクライストチャーチから排出されたミュージシャンのことを語ってくれた。そして毎年春に行っている「桜フェスティバル」というイベントについて、熱心に話してくれた。このイベントは、ナッシュビルと日本の文化交流の場として数年前から開催されているもので、市庁舎前で剣道をしたり、和太鼓の演奏が行われたりする一大イベントらしい。「ヤス、これにあなたも参加して、私と一緒に桜通りを歩かないか?」とフランクに誘われたことが印象的だった。

面会時間は20分程度。市長との写真撮影を終え、部屋を立ち去ろうとしたとき、ナッシュビル姉妹都市委員会委員長のヘザー・カニングハム氏から呼び止められた。今後はぜひ学生たちの交流をしたいので、もし次回ナッシュビルへ来ることがあるなら、私に連絡してほしい、とのことだった。

ナッシュビルからの愛に触れられて(26)ナッシュビルツアー2012・その3:市長との面会
ナッシュビル姉妹都市委員会委員長のヘザー・カニングハム氏

緊張の二連続面会が終了した。フランクリン市との関わりは現在少し途絶えているが、ナッシュビル姉妹都市委員会とは今でも良い交わりを継続している。その後、2017年まで毎年「ナッシュビルツアー」を行ったが、毎回ヘザーさんにはお世話になり、またヘザーさんが京都へ来られたときは、私たちがおもてなしをすることも何回かあった。

ナッシュビルからの愛に触れられて(26)ナッシュビルツアー2012・その3:市長との面会
緊張から解放された瞬間!

ナッシュビルが私の第二の故郷になりつつあった。

<<前回へ

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:青木保憲

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング