なにゆえキリストの道なのか(167)最後の審判、天国や地獄があるというのは本当か? 正木弥

2018年11月3日07時45分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

最後の審判、天国や地獄があるというのは本当か。その根拠は?

この世では、個人の人生でも社会全体でも、善悪が必ずしも貫徹しているようには見えません。悪が罰されるとは限りませんし、正義がいつも通るとは限りません。善人がいつも賞揚されるわけでもありませんし、悪人がいつも非難されるわけでもありません。善悪への報いが大変曖昧になっています。それは本来、神が望まれるところではありません。

神は、愛の神であるとともに、いやそれ以上に、正義の神、公義の神です。正しくないことはそのままにはしません。いつかその状態を正す予定を立てておられます。善行が正しく評価され、悪行が懲らしめを受ける、要するに、善も悪もそれに相応しく報いる、そのような結末を計画しておられます。この世ですぐに、ということではありません。皆の人生が終わってからなのです。そして、これが公義の神のなさり方なのです。

日本の多くの人が毎週の時代劇“水戸黄門”をテレビで喜んで観ています。いつも同じパターンで、悪人・悪侍がうまく悪を遂げていますが、そこへ登場する黄門とそのお供衆がその悪人たちを懲らしめ、正しいお裁きをして、「めでたし、めでたし」となるわけです。実に単純なワン・パターンですが、しかし、その結末がないと、見ている視聴者をここまで喜ばすことはありません。正当な報い、正しいお裁きは、なくてならない神の大原則なのです。神は、それを聖書において、最後の審判として告げているのです。

天地創造以来、世界は時を刻み続け、時代を重ね続けていますが、いつまでも同じように続けるのではありません。初めがある以上、終わりもあるのです。ですから、いつか終わりの時があると計画しているのは何ら不思議なことではありません。会社がある期間を区切って決算をするようなものです。出資者は決算を求め、それを評価するのは当然です。神が、個人の人生にも、この世界の歩みにも、ある期間の終わりを設定し、決算と同様の評価をし、相応の報いを与える。これは当たり前のことだとは思いませんか。

もし、正しい決着・正当な報いがないなら、この世は実に不条理なところ、何とも腑に落ちないところ、まじめに生きるに値しないところといえます。もし、神のお裁きがないなら、人は、他人から顰蹙(ひんしゅく)を買わない程度に外面を装って、内面はどのようにでも生きればいい、いや見つからなければうまく悪事をし、不道徳なことをして生きればいいことになります。

また、別に罪の赦(ゆる)しを求める必要もなく、キリストが十字架にかかって死ぬ必要もなかったのです。神は、最後の審判があるからこそ、十字架上であがないの死を遂げさせ、罪の赦しの道を用意してくださったのです。最後の審判とその帰結である天国と地獄は必ずなければなりません。

これがあるという数式の証明や試験管での証明はありません。しかし大事なことは、「これがないという証明」もないということです。ですから、「ない」と信じて生きた後に、「あった」なら、その思い違いは取り返しがつきません。「ある」と信じて生きる方が絶対に賢明なのです。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング