なにゆえキリストの道なのか(162)そんな「救い」なら、あまり欲しくない? 正木弥

2018年9月29日10時01分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

「救われた」後の人生にも、事故・事件・病気・苦しみが絶えない。うっかり罪も犯す。そんな「救い」なら、あまり欲しいとは思わない。

キリストによる救いを次のように考えてください。

人が今の世でキリストを信じたときは、その時点ですぐに罪が赦(ゆる)され、神の子とされます。しかし、肉体のからだはこの世にあり、普通の人と同じように、事故・事件・病気・苦しみなどの災難、不幸に遭います。

また、おっしゃるように、さまざまな誘惑にもさらされていますから、ついうっかり罪を犯してしまうこともあるでしょう。これは、この段階の「救い」がいわば「半分の救い」であるからです。つまり、原理的な救い、抽象的な救いです。資格として「神の子」である状態です。

例えていえば、米国のニューヨークへ移住するのに、飛行機の切符とかパスポートとかも必要ですし、ビザ(入国査証)が不可欠です。キリストを信じて「救われた」ということは、これらを保持したということです。そのほかの事情が整えばいつでも行ける状態、基本的に準備のできた状態であるといえます。

準備のできた人(信徒)もいずれ肉体の死を迎えますが、その時は、まずパラダイス(楽園)へ行き、そこで他の信徒が来るのを待ち合わせるようです。そして、秋(とき)が来れば一緒に復活にあずかり、天国に迎え入れられ、永遠のいのちを与えられます。

その時「完全な救い」が実現します。既に原理として示されていることが具体化し、イザヤ25:6~9、黙示録21:3、4、22:1~5で詩情的・抽象的に示された救いが具体化し、死もない、苦しみもない、喜びと楽しさに満ちた完全な救い=具体的救いとなるのです。ぜひ、その準備としてキリストを信じておきましょう!

なにゆえキリストの道なのか(162)そんな「救い」なら、あまり欲しくない? 正木弥

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング