なにゆえキリストの道なのか(157)正しい人でもキリストを信じないと救われないか 正木弥

2018年8月25日09時19分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

正しい人でもキリストを信じないと救われないか。

人間の心は深いもの!その深いところを探ってみると、往々にして、いやらしいもの、ずるいもの、密かな敵意や憎しみ、恥ずかしい欲望などが潜んでいるものです。

ここにそういった悪いもの汚いものが一切ない“正しい人”がいたとしましょう。その人が天地の主なる神を信じて生きているなら、その人は文字どおり“正しい人”といえますから、救われます。ところが、その“正しい人”が天地の主である神の存在を(知っているのに)信じることなく生きているなら、(矛盾した言い方ですが)その人は正しい人とはいえません。従って救われません。なぜなら、人は天地の主なる神によって造られた存在ですから、その造り主を無視していいはずがないのです。

人は自分で生まれたのでなく、親たちが造ったのでもなく、神が造ったいのちのシステムを引き継いで生まれた者です。そういう意味で神が造った者です。そういう者が神の造った世界の中で、空気を与えられ、水を与えられ、食物を与えられて成長して生きているわけですから、神を無視すること、神と無関係に生きることはよくない(正しくない)といえるのです。

救いの基準となる善悪は、対人的なものではなく、対神的なものです。他人から見て、あるいは自分から見て“正しい人”でも、キリストを信じて神と和解して良い関係になっていないと救われない、といえるのです。救われるということは、神の子たる資格を得て、究極的には神の国で永遠のいのちにあずかることですから、神の求める要件を充たさなければ救われないのは当然ではないでしょうか。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング