なにゆえキリストの道なのか(164)神はなぜ人を裁くのか? 正木弥

2018年10月13日20時22分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

神はなぜ人を裁くのか。

神は人を自由意思を持つものとしてお造りになりました。その自由意思により、人は神に従うか、神よりも自分の考えを基に生きるか(即ち、自分を神の立場にするか)、どちらをも自由に選択できる存在とされました。

もちろん、神はご自分に従うようになることを望んでおられますが、自由意思を与えている以上、それを強制することはありません。この人間に50年か100年か、ある一定の期間生きる命を与えていますが、その命の間に、神に従うか、自分を神の立場にするかを神は見ておられるわけです。

自由には責任が伴います。その人が最終的にどちらにするか決断しなければなりません。その決断により、神の子として神の国(天国)に受け入れるか受け入れないかをお決めになります。人が神に従う(キリストを信仰する)ときは、大体が明確な決断となります。大体は洗礼(バプテスマ)によって表明されます。

しかし、神に従わないときは、大体が曖昧であり、この世の生活に気を取られていて、いつの間にか過ぎているものです。自らは神に反抗しているとの意識はほとんどないのが普通です。自分の欲望追及に忙しく、神信仰のことをあまり考慮しません。しかし結局は、自分中心で神を認めていません。

それが神の前でどう判断されるのか。神はそれを、最後の審判で明確に判決します。神に従い、キリストを信仰する者は天国に入れられ、そうでない者は天国を拒否されるほかありません。

このように、天国か地獄か最終的に決められるのが、最後の審判(裁き)です。その時、各自肉体にあってした行為に応じて報いを受けることとされています。悪を行った者は悪しき報いを、善を行った者は良い報いを受けるのです。

人の人生の途中でも時々裁きをされますが、それは主としてその人の生き方への警告です。最終的に滅びることのないよう、憐れみとしての裁きです。また、時には、人々が神の正義をあまりにもないがしろにしたり、神の権威をなめているときには、神の意思と力を多くの人々に知らせるため(示しをつけるため)に、目覚ましい裁きをなさることもあります。

大事なのは、最後の審判(最後の裁き)です。人が神と共に生きたか、神に背いて生きたか、どちらを選んだかを最終的に見究めるための裁きであり、最終的な処遇(天国か地獄か)が決められる裁きです。

なぜなら、神は、お立てになったひとりの人(イエス)により義をもってこの世界をさばくため、日を決めておられるからです。(使徒の働き17:31)

この裁きの権限は、神が宇宙の主であり、人間の造り主であることに淵源があります。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング