隠された罪 穂森幸一(101)

2018年3月22日19時25分 コラムニスト : 穂森幸一 印刷
関連タグ:穂森幸一

「ですから、あなたがたは、主が来られるまでは、何についても、先走ったさばきをしてはいけません。主は、やみの中に隠れた事も明るみに出し、心の中のはかりごとも明らかにされます。そのとき、神から各人に対する称賛が届くのです」(Ⅰコリント4:5)

歴史(history)とはヒズ・ストーリー、すなわち神の物語だという話を聞いたことがあります。歴史を通して、人生の教訓や神が与えてくださる励ましのメッセージを受け取ることができます。

紀元前597年に、南王国ユダはバビロニアに滅ぼされ、バビロン捕囚が始まります。捕虜の身となったユダヤ人たちは、ほとんどの私物を持つことは許されませんでしたが、トーラースクロール(律法の巻物)だけは身に付けて持っていきます。

バビロニアの地で奴隷として生きていかなければならないとき、彼らが頼るべきは天におられる父なる神しかありませんでした。安息日が来ても、今までのように神殿に行くこともできず、宗教施設もありませんので、集まれる所で1つになり、ひたすら律法の書を読み、祈っていました。

バビロニアには、ハンムラビ法典があり、ギルガメシュ叙事詩のような資料もありました。図書館も充実していたといわれる環境の中で彼らは刺激を受け、旧約聖書の編さんに取り組むようになります。

今日の社会で宣教に取り組む私たちにも大きな示唆が与えられます。会堂がないとか、集会場所を確定できないとか、置かれている状況が厳しいというような言い訳は必要ないのです。とにかく集まれる所で1つになり、聖書を読み、祈り、パンを割き、ブドウの実から作ったものに共にあずかるだけで十分なのです。

エルサレムとその周辺地域では、考古学の発掘が続けられていますが、最近とても興味深いものが発見されました。紀元前600年ごろの民家が複数発掘されたのです。王族や神官のものではなく、一般民衆の住居跡は珍しいといわれます。その住居跡に家庭祭壇らしきものがあったといわれます。ところが、その祭壇からカナンの土着宗教で用いられていた指先ほどの小さな豊穣の女神像が出てきたそうです。

南王国ユダは、エルサレムの神殿を中心に栄えた宗教国家でした。ユダヤ教の年中行事はもちろんのこと、安息日も厳格に守られていました。そして、家庭の中でも家庭祭壇を守り、ユダヤ教徒としての規律を守っていました。申し分のない正統派のユダヤ教徒のはずでした。しかし、家庭祭壇の片隅にカナンの偶像を隠し、密かに拝んでいたのです。

主なる神は、約束の国に入ろうとするユダヤ人に土着の宗教を聖絶し、一切の関わりを断つように命じられました。カナンの豊穣の女神は、宗教行為の中で姦淫をはびこらせ、道徳を麻痺させ、人々を堕落させていました。主なる神はこの偶像礼拝を憎み、このような宗教行為を嫌われたのです。

「主は聖なる神であり、ねたむ神である。あなたがたのそむきも、罪も赦(ゆる)さないからである。もしあなたがたが主を捨てて、外国の神々に仕えるなら、あなたがたをしあわせにして後も、主はもう一度あなたがたにわざわいを下し、あなたがたを滅ぼし尽くす」(ヨシュア記24:19、20)

南王国ユダの人々の中にあった隠れた罪を、主なる神は見逃がされませんでした。たとえ人目につかない小さな偶像であっても、神は赦されないのです。しかし、すべてを失ったユダヤ人は、異国の地で魂が清められ、霊的に覚醒します。彼らはこの試練を経て旧約聖書の編さん事業や神殿の再建に取り組んでいくのです。

たとえ火のような試練が押し寄せ、いわれなき誹謗中傷に苦しめられることがあったとしても、主なる神は私たちを清め、さらなる高みに導こうとしておられるのです。どんな時にも、主なる神は私たちを愛し、大切に取り扱い、守り支えてくださるのです。

「ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです」(Ⅰペテロ5:6、7)

<<前回へ     次回へ>>

穂森幸一

穂森幸一(ほもり・こういち)

1973年、大阪聖書学院卒業。75年から96年まで鹿児島キリストの教会牧師。88年から鹿児島県内のホテル、結婚式場でチャペル結婚式の司式に従事する。2007年、株式会社カナルファを設立。09年には鹿児島県知事より、「花と音楽に包まれて故人を送り出すキリスト教葬儀の企画、施工」というテーマにより経営革新計画の承認を受ける。著書に『備えてくださる神さま』(1975年、いのちのことば社)、『よりよい夫婦関係を築くために―聖書に学ぶ結婚カウンセリング』(2002年、イーグレープ)。

株式会社カナルファホームページ
穂森幸一牧師のFacebook

関連タグ:穂森幸一

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース