教皇、システィーナ礼拝堂で幼児洗礼 「遠慮せず授乳を」とも

2018年1月16日23時17分 印刷

【CJC】ローマ教皇フランシスコは、「主の洗礼」の祝日の7日、バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂でミサをささげ、毎年伝統となっている幼児洗礼を行った。今年は、男児16人、女児18人の計34人の赤ちゃんが、教皇から洗礼を受けた。

バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇はミサの説教で、子どもたちに洗礼を受けさせることは、キリスト者の親が子にすべき最初のことだと語った。自分たちだけで信仰を伝えることはできず、そこには聖霊の恵みが必要であると教皇。それ故、洗礼を通して、子どもたちが聖霊を受け、その心に父と子と聖霊の三位一体が住まわれるようにすることが、親から子に対する信仰の伝授の第一歩となると話した。

一方、ロシアのスプートニク通信が、伊ラスタンパ紙の報道として伝えたところによると、教皇は洗礼式の最中、次のように述べ、システィーナ礼拝堂でも遠慮せずに授乳するよう語ったという。

「子どもが泣き始めたとき、もし子どもにとって居心地が悪かったり、暑過ぎたり、お腹が空いたりしていれば、母乳を与えてください。そして、遠慮しないでください。これもまた愛の言葉なのですから」

「主の洗礼」の祝日は、カトリックの典礼暦で、イエスがヨルダン川のほとりで洗礼者ヨハネから洗礼を受けたことを記念する日。

なお、幼児洗礼はカトリック教会のほか正教会や聖公会、ルーテル教会などでは認められているが、プロテスタントのバプテスト派やペンテコステ派などでは認められていない。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース