洗礼の喜びの場が悲劇の場に メキシコ地震で教会崩壊、乳児ら11人死亡

2017年9月22日22時48分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
関連タグ:メキシコ
+洗礼の喜びの場が悲劇の場に メキシコ地震、教会崩壊で乳児ら11人死亡
メキシコ市内にある地震で一部が崩れた建物=19日(写真:AntoFran)

メキシコ中部で19日(日本時間20日)に発生した地震による犠牲者はさらに増え、発生から丸2日たった21日には270人を超えた。この地震では、首都メキシコ市の南東にある町アツァラで教会の屋根が崩壊し、生後2カ月の女児を含む11人が死亡した。女児はこの日、洗礼を受ける予定で、そのために集まっていた家族らが犠牲になった。

地震で屋根が崩壊したのは、プエブラ州アツァラにあるサンティアゴ使徒カトリック教会。プエブラ大司教区によると、生存者は女児の父親と司祭、司祭の助手の3人のみで、死者の中には少なくとも4人の未成年者が含まれていた。

司祭の助手を務めていたロレンソ・サンチェスさんはAP通信(英語)に、「教会は恐怖と悲しみの場となりました。聖堂にいたほとんどの方が亡くなられたからです」と語った。サンチェスさんによると、生存者は揺れが始まったとき、教会の端に移動したが、犠牲となった人たちはその時間がなかったという。「今回教えられたことの1つは、古くなって状態が悪化した教会にいる場合、(地震の時は)丈夫な壁際に身を寄せることです」

AP通信によると、地震の揺れが収まった後、生存者たちはスピーカーを使って助けを求め、駆け付けた近隣住民が、シャベルやつるはしなどでがれきを取り除いた。住民らは数時間にわたって救助に当たったが、がれきの中からは女児の家族ら11人が死亡しているのが見つかった。遺体は、洗礼後にパーティーが催されることになっていた通り沿いに並べられ、雨で濡れないようシートで覆われていたという。

翌20日には、州都プエブラで行われる通夜の祈りに出席するため、遺族らが夜を徹して各地から駆け付けた。ひつぎには、フロレンシオさん、フィデラさん、アウレリアさん、マヌエラさん、マリア・デヘスースさん、カルメンさん、サムエルさん、アズセナさん、フェリシアーナさん、スザナさん、そして洗礼を受けることになっていたエリデスちゃんの名前が記されていた。

アツァラは震源の西約30キロに位置しており、プエブラ州では40人余りが亡くなった。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
関連タグ:メキシコ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース