ミサ中に刺された神父が死亡、メキシコで今年4人目の犠牲者

2017年8月14日14時01分 翻訳者 : 小又香織 印刷
+ミサ中に刺された神父が死亡、メキシコで今年4人目の犠牲者
メキシコ市メトロポリタン大聖堂(写真:Juan Fernando Ibarra)

メキシコの首都メキシコ市で今年5月、ミサの最中に首などを刺されたカトリック司祭が今月初め、入院先の病院で死亡した。メキシコでは7月上旬にも71歳の神父が教会内で殺害されており、聖職者の犠牲者はこれで今年4人目となる。

メキシコ市教区は3日朝、メキシコ市メトロポリタン大聖堂でミサの司式をしていたホセ・ミゲル・マッコーロ神父(55)が、2日夜に昏睡状態となり、その後死亡したと発表した。

メキシコ市大司教のノルベルト・リベラ枢機卿はツイッターに、「マッコーロ神父の魂をたたえ、神が彼の家族に力を与えてくださるようお祈りします。マッコーロ神父が、神の栄光の中で安らがれますように」とコメントした。

マッコーロ神父は5月15日、その日の最後のミサを行っていた最中に、ジュアン・レネー・シルバ・マルチネス容疑者(32)に襲われ、首や胴などを刺された。同容疑者は逮捕後、精神障害を患っていたことが明らかになっている。

英カトリック・ヘラルド紙(英語)カトリック・オンライン(英語)によると、マッコーロ神父は6月下旬まで集中治療を受けていたが、家族の元で過ごすため退院し、プエブラ州にある兄弟の家で自宅療養していた。しかし、亡くなる約1週間前に腸内感染により再入院。命の危険はないとされるも、栄養失調と神経系の問題のため、1日、プエブラ州の病院からメキシコ市の病院に緊急移送されていた。

キリスト教抑圧監視団体「世界キリスト教連帯」(CSW)によると、メキシコではここ10年余りにわたって麻薬戦争が続いており、殺人事件が頻繁に起きている。麻薬取引に反対するカトリック教会も被害を受けており、2005年〜15年の間に殺害された聖職者は31人に上る。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース