シリア正教会に新大主教、内戦による主教不在状態から4年ぶり

2017年8月24日19時18分 印刷

シリア北東部の都市ハサケにあるシリア正教会の聖ジョージ大聖堂で19日、モーリス・アムシーフ大主教の就任式が行われた。シリアで続く内戦のため、シリア正教会は国内に主教がいない状況が4年前から続いており、大主教を迎えた人々は大きな希望を抱いている。

過激派組織「イスラム国」(IS)の支配が及ぶシリア北部では、特にキリスト教徒やヤジディ教徒などの少数派が大量虐殺の対象となり、強姦(ごうかん)や誘拐されることも頻繁に発生している。また、6年にわたる内戦で33万人以上が死亡し、国民の約半数が難民となって国内外に避難する事態となり、人口は大幅に減少した。

アムシーフ大主教が管轄するのは、シリア北部から東部にかけてのジャズィーラ地方とユーフラテス川沿岸地域全体。ハサケ県と県都のハサケの大半は現在、クルド人勢力が支配し、一部を中央政府が支配している状況だが、隣接するデイルエッゾル県は現在もISの支配下にある。しかし、アムシーフ大主教はISから解放されればすぐにでも訪問すると話している。

アムシーフ大主教の着任は、シリア国内で苦闘しているキリスト教徒にとって、地域社会再建の可能性を示す新たな希望となっている。大学生のジェニー・ハコップさん(23)はAFP通信(英語)に、「多くの人々が去りましたが、私たちはまだここにいます。そして今日起こったことは、私たちがまだこの国におり、私たちはこれからも留まることの証しなのです」と語った。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース