25歳青年の奇跡の証し 『齊藤諒の生きる力~四肢麻痺・人工呼吸器装着の僕が伝えたいこと~』

2017年1月25日20時23分 記者 : 新庄れい麻 印刷
+25歳青年の奇跡の証し 『齊藤諒の生きる力~四肢麻痺・人工呼吸器装着の僕が伝えたいこと~』
斉藤諒(りょう)さんが Kindle 版の電子書籍で出版した『齊藤諒の生きる力~四肢麻痺・人工呼吸器装着の僕が伝えたいこと~』

静岡県浜松市にある教会「ぶどうの木」の教会員で、交通事故の後遺症で四肢麻痺・人工呼吸器装着の斉藤諒(りょう)さんが19日、事故に遭ったことをきっかけにイエス・キリストと出会い、これまで体験した奇跡の数々を書き記した『齊藤諒の生きる力~四肢麻痺・人工呼吸器装着の僕が伝えたいこと~』を Kindle 版の電子書籍で出版した。

小学生の時から野球に明け暮れていた斉藤さんは、高校生の時に交通事故に遭い、首から下が全く動かない四肢麻痺になった。呼吸することさえも器械に頼らざるを得なくなり、食事、入浴、排泄の世話まで家族の助けが必要となった自分の姿に、斉藤さんは絶望してしまう。

しかし、クリスチャンの先輩を通して「聖書」と出会ったとき、そこに書かれた命についての真理を知り、再び生きる希望を見いだしたという。「人間にできることではないが、神にはできる。神は何でもできるからだ」という御言葉から「必ず癒やされ、立ち上がり、歩けるようになる日が来る」という平安と確信が与えられたという。

斉藤さんは、「いずれ、立ちあがる日が来る!・・・その日をただ待っているのではなく、障がいを持った“今”という時間も大切に生きたいと思うようになった」と、事故に遭ったことさえも益であったと言い切れるほどの感謝で満ち溢れた毎日を送っている。

希望、喜び、感謝だけでなく、さらに聖書は、斉藤さんに「赦(ゆる)し」と「和解」をも与えてくれた。事件当時は、「俺をこんな体にしやがって!」と、加害者とその家族に対して言葉では表現できない悔しさ、憎しみの思いでいっぱいだったが、やがて斉藤さんは、御言葉から、どこまでも深い神の愛を教えられ、周りに目を向ける心の余裕が生まれるほどに内面から作り変えられていった。

そして斉藤さんは、加害者家族も事故の自責の念にとらわれ続けていることに気付き、そこから解放されてほしいと思うようになった。「聖書を学びませんか?」。今ではなんと、被害者家族と加害者家族が、そろって同じ教会に集う兄弟姉妹となっている。

8年前の交通事故をきっかけに、斉藤さんが実際に体験した聖書の御言葉の力、イエス・キリストによるさまざまな奇跡が、そのまま記されているこの本は、現在斉藤さんが通う通信制大学の卒業課題として執筆され、電子書籍として出版されることになった。高校卒業認定試験や大学進学、選挙の投票など、首から下が全く動かない状態で、これまで斉藤さんが乗り越えてきたさまざまな挑戦についても記されており、読む人に勇気や励ましを与える1冊にまとめられている。

齊藤諒の生きる力~四肢麻痺・人工呼吸器装着の僕が伝えたいこと~』のKindle版は、定価100円。Amazonで購入することができる。

 斎藤さんのブログ「諒のブログ」

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

【書評】進藤龍也著『元極道牧師が聖書を斬る!』 人生経験からにじみ出る面白くて深いメッセージ 山崎純二

神学書を読む(49)『人類の起源、宗教の誕生』 学術的異種格闘技の妙!アカデミック版「アベンジャーズ」がここに!

キリスト教書店大賞に『わたしはよろこんで歳をとりたい』 老神学者が写真と共につづる「老い」

神学書を読む(48)石川明人著『キリスト教と日本人―宣教史から信仰の本質を問う』

キリスト教と映画をつなぐ画期的な一冊がついに! 『銀幕(スクリーン)の中のキリスト教』

『聖なる漁夫』 ペテロの生涯とアラビア王女のロマンスが交錯する物語

『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ

神学書を読む(47)「知的ゲーム」としての宗教論、キリスト教に未来はあるか? 『西洋人の「無神論」日本人の「無宗教」』

【書評】『パウロの弁護人』 世界的な新約学者が描く初代教会をめぐる思想小説 臼田宣弘

励ましの一言がプレッシャーに? 現代日本人を読み解く『「承認欲求」の呪縛』という視点

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース