感謝を忘れず恵みの循環に生きよう! 万代栄嗣

2016年10月31日12時52分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「・・・ある村に入ると、十人のツァラアトに冒された人がイエスに出会った。彼らは遠く離れた所に立って、声を張り上げて、『イエスさま、先生。どうぞあわれんでください』と言った。イエスはこれを見て言われた。『行きなさい。そして自分を祭司に見せなさい。』彼らは行く途中できよめられた。・・・そこでイエスは言われた。『十人きよめられたのではないか。九人はどこにいるのか。神をあがめるために戻って来た者は、この外国人のほかには、だれもいないのか。』・・・『立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを直したのです』」(ルカの福音書17章11~19節)

今日開いた聖書は、どのようにすればイエスからの恵みの流れを頂くことができるのかを教えている大切な箇所です。イエスと弟子の一行が旅の途中、サマリヤとガリラヤの境を通ったときの出来事です。

境目というのは、町や村などの人里から離れた場所であり、そんな場所だからこそ生活をしている人たちがいました。それは重い皮膚病の人たちで、その当時、ほかの人々と一緒に普通の社会生活を送ることを禁じられていたのです。イエスは彼らを癒やしたのですが、イエスに感謝を言いに来たのはたった1人のサマリヤ人だけでした。

1. イエスの元に帰って恵みに感謝する

私たちクリスチャンは、口癖のように「感謝」を口にしますが、慣れ親しんでいるうちに本来の意味や中身を忘れてしまい、言葉だけの感謝に終わらないように気を付けましょう。

別の日本語に言い換えるならば、私たちは「礼儀知らず」になってはいけません。日本人の社会の礼儀として「お礼を忘れる」というのは人として情けないことです。人から物をもらったときや、優しくされたときに、それを当たり前のように受け取り、高飛車な態度や偉そうな姿勢でいてはならないのです。

兄弟姉妹、イエスから頂いた恵みに対して、ちゃんとお礼をしていますか? お歳暮のような形だけの感謝ではなく、魂からの感謝をささげる者でありたいと思います。

2. 恵みの循環と祝福の連鎖反応を生み出す

私たちは、芋づる式に恵みを与えられたいと欲するものです。しかし、それをただボーッと待つのではなく、恵みの循環が与えられるように、祝福の連鎖反応が起こるように自ら信仰の工夫をしたいと思います。

それは、イエスから恵みを頂いたら、ちゃんとイエスのところに来て感謝し、イエスを礼拝するということです。恵みの循環や祝福の連鎖反応の中には、神とのキャッチボールのようなやりとりがあることに気付いてください。困ったときだけ神頼みをして、解決したらお礼を忘れるような無礼者で終わって、恵みの循環を止めてはいけません。

3. 神をあがめ続ける人生を歩もう

私たちは、偶像礼拝や困ったときだけ神頼みする信仰者ではなく、常にイエスをあがめるクリスチャンとしてイエスの臨在に留まり続ける者へと成長することができます。祝福の秋を迎えていますが、まいた種には神が豊かな恵みを与えてくださると信じましょう。

そして、この1年でのやり残しが無いようにしたいと思います。この1年、恵みがあったときに、イエスにちゃんと感謝しましたか? お礼をしましたか? 10人の内の9人のような情けない礼儀知らずな者で終わりませんように。そして神をあがめることをライフスタイルとして、祝福の連鎖を生み出していきましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース