主に与えられたミナを用いよう 万代栄嗣

2016年10月3日23時40分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「…ある身分の高い人が、…自分の十人のしもべを呼んで、十ミナを与え、彼らに言った。『私が帰るまで、これで商売しなさい。』…彼が王位を受けて帰って来たとき、…最初の者が現れて言った。『ご主人さま。あなたの一ミナで、十ミナをもうけました。』主人は彼に言った。『…あなたはほんの小さな事にも忠実だったから、十の町を支配する者になりなさい。』…もうひとりが来て言った。『ご主人さま。さあ、ここにあなたの一ミナがございます。…あなたは計算の細かい、きびしい方ですから、恐ろしゅうございました。』」(ルカの福音書19章12~27節)

今日開いた聖書の箇所では、イエスが、ある主人とそのしもべたちの例え話をします。最後のゾッとするような言葉は、イエスが周りにいるユダヤ人の政治的な話題を取り上げながら、神のお言葉を伝えようとしたからですが、今日は例え本体に目を向けたいと思います。私たちはこの箇所を通して、自分の生活のパターンを見直していきたいと思います。

1. チャンスは与えられている

この例えの中で、主人はしもべたちに平等にミナを与え、彼が王位を受けて帰るまでの間に商売するように言いました。結果はそれぞれ違うものでした。1人目は1ミナで10ミナをもうけ、2人目は5ミナもうけました。しかし、3人目のしもべは商売をせず、しまっておいたものをそのまま返したのです。チャンスは平等に与えられていましたが、彼らの行動によって結果は全く違ったのです。

2. 論理をすり替えたり、言い訳をしない

3人目のしもべは、主人が怖いから何もしなかったと言いましたが、果たしてそうでしょうか。ここには彼の論理のすり替えがあります。実は、彼は風呂敷に包んだまま何もしなかったのです。何もしなかった自分のことは棚に上げ、「ひどい主人だから恐くて1ミナを守っていた」と論理をすり替えたのです。自分のいい加減さを詫びるのではなく、王様のために守ってあげたのだと言い訳をしたのです。

ここから、人間の本質を見抜かなくてはなりません。私たち人間は怠け者でいい加減な部分があります。本当は自分から立ち上がって働くべきなのに、何もしないで事を終わらせてしまう怠け癖があります。そして、そこを指摘されると、言い訳を考えたり、別の論理を考えたりします。

しかし、うまく言い訳できたとしても、生み出す結果が違うのは事実です。また結果だけではなく、途中のプロセスや姿勢も大切ですが、時にその結果は、どれだけ努力したかを示しているということも否定してはなりません。

3. グズグズせず、行動は早く積極的に!

10ミナをもうけたしもべは、王様が帰ったとき真っ先に報告し、5ミナをもうけた者もそれに続きました。しかし、何も生み出さなかったしもべは、最後に出てきました。多くの利益を生み出したのは、実は、早く行動した者だったのです。

おそらく10ミナをもうけることができたしもべは、王様から1ミナずつ配られたときも、誰よりも早く行動したに違いありません。5ミナをもうけたしもべも、遅れはしましたがすぐに行動したのでしょう。

でも3番目にやってきたしもべは、グズグズしているうちに結局何も生み出せなかった。そして最後に、「何もしなかったのではなく、王様のお金を守っていた」と論理をすり替えて言い訳をしました。早く行動する者や積極的に一生懸命に行動する者は、グズグズして結果的に何もしない者よりも勝るのです。そのことを素直に認めましょう。

チャンスをもらい、お金と時間を与えられ、王様に認められた才能もあったはずなのに何もせず、しまいには理屈ばかり並べていたのでは、本当の恵みは与えられません。この話が、耳の痛い、胸に刺さる人もいるのではないでしょうか。主は、用いさえすれば大きな祝福をもたらすことのできる恵みを、あなたにも与えてくださっています。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース