クリスチャンとしての自覚を持って歩もう 万代栄嗣

2016年9月12日08時53分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。…私たちは昼の者なので、信仰と愛を胸当てとして着け、救いの望みをかぶととしてかぶって、慎み深くしていましょう。神は、私たちが御怒りに会うようにお定めになったのではなく、主イエス・キリストにあって救いを得るようにお定めになったからです。主が私たちのために死んでくださったのは、私たちが、目ざめていても、眠っていても、主とともに生きるためです。…互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい」(第一テサロニケ人への手紙5章5~11節)

2千年前に書かれた新約聖書は、文学や歴史的資料として見ると大変古い書物です。しかしそこには、現代の私たちと変わらない人の生活、人生が書かれています。人間は何百年、何千年たっても、その本性は変わりません。神の前には小さな存在なのです。私たちの心構えを整えるに当たって、立ち返るべき信仰の姿勢を確認しておきましょう。

1. 私たちはクリスチャンであり、信仰者

パウロは言います。「あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです」(5節)。クリスチャンとしてのアイデンティティー(自分の存在意義、個性)を与えられていることを思い起こしましょう。私たちクリスチャンは、家族や職場、友達とのたわいもないおしゃべりの中でも、闇ではなく、神の光に照らされて歩んでいるクリスチャンであることを絶対に忘れないようにしましょう。

神に背を向けて影を作り、闇の中でいじけている者ではなく、クリスチャンとして、光の神に向かい自分の弱さも隠さず、神によって癒やされ強められ力に満たしてください、と祈る者でありましょう。将来のことが心配でたまらなくなるのは、日本人の特性だそうです。しかし私たちは、信仰と愛を胸当てとし、救いの望みをかぶととして与えられ、光の子とされていることを喜ぼうではありませんか。

2. すでにあるイエスの偉大な救いの土台

クリスチャンとしての生き方を支え保証するために、単なる口約束ではなく、イエス・キリストが、私たちのために罪を背負って身代わりとなり死んでくださったことにより、私たちは神の御恵みと救い、永遠の命を与えられ、「私たちが、目覚めていても、眠っていても」(10節)どんな時も私たちと共にいてくださる主の恵みに与(あずか)る特権を与えられていることに感謝しましょう。

「宗教」の中には、「エホバの証人」のように、神の裁きの恐怖によって人々の心を縛り、引き込むものが多くありますが、キリスト教は全く違います。他人事でなくイエスが私を愛してくださって、私の罪をきよめるために罪を背負って死んでくださり、永遠の命まで下さいました。クリスチャンとして、ピシッとシャキッと生きるために、すでにイエスの愛による救いの土台があることを感謝しましょう。

3. 互いに徳を高め、成長し合う

「ですから、あなたがたは、今しているとおり、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい」(11節)とあるように、愛することも、夢やビジョンに向かってのチャレンジも、もう一歩踏み込み、奉仕、祈り、献げ物においても、もう一歩成長したいと思います。生身の人間ですから弱さはあります。愚かなところもあります。だからこそ、神によって引き上げられ成長させていただけることに感謝しましょう。

祝福されたクリスチャンとしての心の態度、生きる姿勢を貫いていくならば、神の子どもとしてさらに成長させていただくことができます。共に祝福されていきましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース