あなたの名前に込められた創造主の思い 関智征

2016年10月22日21時35分 コラムニスト : 関智征 印刷
関連タグ:関智征

1. 名は体を表す

あなたは、ご自分の名前の由来をご両親に聞いたことはありますか?

昔から「名は体を表す」と言われています。名前は、その人の性質、実態を表すものだけに、命名は、誰もが真剣に行うものではないでしょうか。実際、お子さんに名前をつけるときに、随分と悩む方を何人も見てきました。

新しい命に名を付けるとき、親御さんは「こんな子どもに育ってほしい」という思いを込めます。

2. 聖書の名付け

聖書の中に出てくる登場人物の名前にも、特別な意味が込められています。

聖書の冒頭に登場するアダムとエバは、エデンの園に住んでいた最初の人間です。天地創造の第6日目に、創造主は人間を「土の塵(ちり)」から形作りました。

土(アダマー)から造られたので、アダムという名前が神によって付けられました。妻のエバも、「彼女がすべて命あるものの母となった」ので、エバ(命)という名前が付けられました。

他にも、アブラハム、イサク、ヤコブ・・・。聖書の登場人物の名付けには、その人物の個性や誕生の由来、神様からの使命が反映されていました。

3. 名前に込められた神の思い

実は、私たち一人一人の名前にも、神様の愛が流れています。

私事で恐縮ですが「智征(ともゆき)」という名前は、両親が付けてくれた名前です。「才智に長けた道を征(ゆ)く者となってほしい」という意味の命名だったようです。

私自身、自分の名前が、長い間好きではありませんでした。なにか頭でっかちなイメージがあったからです。名前に、コンプレックすら持っていました。

しかし、クリスチャンになり「新しい命」を与えられてから、自分自身の名前に神様の計画も現れていると気が付きました。

「智」という漢字は、ギリシャ語のソフィアという単語に対応するそうです。そして、ソフィアには「神からの史上の智慧(ちえ)」という意味があります。

「神からの智慧を征く者になってほしい」という神様の思いが、自分の名前に込められていると感じました。

私は、父も母もクリスチャンではありません。一族の中で私以外、誰もクリスチャンはいません。「智征」という名前は、聖書から名付けられたものではありません。

しかし、神様が自分の名前が付けられるときにも働いていたと知りました。福音に出会い、自分の名前が贖(あがな)われ、私は自分の使命を悟ることができたのです。

それ以来、自分の名前が好きになり、自分のことをもっと肯定的に見ることができるようになりました。

神様は、私たち一人一人を、大切な存在としてデザインされました。そして、私たちに目的、計画、使命を与えてくださいました。

この神様から与えられた使命は、私たちの名前にも込められているのです。

<<前回へ     次回へ>>

関智征

関智征(せき・ともゆき)

ブランドニューライフ牧師。東京大学法学部卒業、聖学院大学博士後期課程修了、博士(学術)。専門は、キリスト教学、死生学。論文に『パウロの「信仰義認論」再考ー「パウロ研究の新しい視点」との対話をとおしてー』など多数。

ブランドニューライフ

関連タグ:関智征

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース