使える人より、仕える人になろう 関智征

2016年5月27日12時27分 コラムニスト : 関智征 印刷
関連タグ:関智征

「このスマホ、超使えなーい」。近所の高校生が、機械相手に怒っていました。

この数年、通信機器技術は目まぐるしく発達しました。

私が高校生だった20年前は、ポケベルの全盛期でした。特に女子生徒が、学校の公衆電話でポケベルを打っていました。

ポケベルを打つときに、♯(シャープ)のボタンを一番使ったものです。あまりに♯を使うので、公衆電話では♯ボタンだけ潰れたりしていました。今ポケベルを持っている人は、ほとんどいません。

ケイタイに限らず、あらゆる製品・サービスが、「使えるか、使えないか」で判断されています。同様に、私たち人間の価値さえも、「この人間は、どれだけ使えるか」で判断される時代です。

しかし、この「使える人」という言葉は、どこか冷たい。

聖書には、「キリストのしもべとして、心から神のみこころを行い、人にではなく、主に仕えるように、善意をもって仕えなさい」(エペソ6:6、7)とあります。 「善意をもって仕えなさい」とは、誠意をもって「仕える人」になりなさい、ということです。

「使える人」と「仕える人」。 仕事をこなし良いアウトプットを提供する人という意味では、外見は一緒です。では、何が違うのでしょうか。

ハートが自分を向いているか、相手を向いているか。この根本的な動機が、違います。

私の先輩Mさんは、広告会社で働いています。数年前まで企画をお客様に説明するとき「このプレゼンで、仕事がとれますように」と祈っていました。

しかし、ある時「自分は、自己中心な祈りばかりしていた。自分が周りの人から評価されることばかり考えていた」とMさんは気が付きました。

そこで、いったん自分の売上や利害は横において「自分の企画が、少しでもお客様や社会の役に立てるものになりますように」「相手に、自分の企画を通して、真心が伝わりますように」とMさんの祈りが変わってきました。

そうすると、逆にMさんの企画が通るようになり、売上が伸びました。担当者の心に響くプレゼンをすることができたからです。

「主人に仕えるように、心を込めてクライアントに仕える」という仕事の原点にMさんは戻ったわけです。

もちろん、少しでも誰かに評価されたい、という思いは誰もが持つものです。自分の仕事が評価されず、使えない人間とレッテル貼りされるのは嫌なものです。

しかし、使える人間になることに執着すると、人と自分を比べて、落ち込んだり傲慢(ごうまん)になったりします。

むしろ、見返りを求めず、相手に仕える人間になる、与える人間になりたい。その心が相手に通じ、結果として、「使える人間」になるわけです。

<<前回へ     次回へ>>

関智征

関智征(せき・ともゆき)

ブランドニューライフ牧師。東京大学法学部卒業、聖学院大学博士後期課程修了、博士(学術)。専門は、キリスト教学、死生学。論文に『パウロの「信仰義認論」再考ー「パウロ研究の新しい視点」との対話をとおしてー』など多数。

ブランドニューライフ

関連タグ:関智征

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース