キリストは、夫婦のかすがい!? 関智征

2016年9月24日21時19分 コラムニスト : 関智征 印刷
関連タグ:関智征

1. 夫婦をつなぎとめるのは何か

19歳の時、私は新潟県・佐渡島の祖父母の家に遊びに行きました。私の祖父と祖母は、毎日一緒に手をつないで海岸を散歩する仲良し夫婦でした。

「どうすれば、おばあちゃんたちのように夫婦関係が上手くいくの?」。ロマンチックな恋に憧れていた私は、祖母に尋ねました。

祖母から返ってきた言葉は、意外なものでした。

「ひたすら、忍耐だよ」

控えめな性格の祖母が、大学生の私の質問に、実に険しい表情で答えたのです。祖母の意外な表情を見た気がしました。

2. 子どもは夫婦のかすがいか

「子どもは夫婦のかすがい」と昔から言われています。夫婦をつなぎとめる鍵は子どもだ、ということです。

ある意味、真実かもしれません。ある50代の大学教員は、「妻にはだまされた。でも、娘はかわいい」と言っていました。娘さんがいることで、離婚を踏みとどまっているそうです。

私の友人は、海外企業法務やM&Aを手掛ける「渉外弁護士」だったのですが、最近「離婚弁護士」に転身しました。現在、離婚案件の仕事が、次々と舞い込んでいるようです。

「昔は、子どもがかわいそうだ、と離婚をとどまったものだ。でも、最近は子どもも夫婦のかすがいになっていない」と彼は言っていました。

3. キリストが夫婦のかすがい

私の友人Kさんは、夫婦関係が上手くいっていませんでした。

最初は、ちょっとしたボタンのかけ違いでした。Kさんが奥さんに頼まれた用事を忘れていた、記念日を覚えていなかった、子どもとの約束よりも仕事の会議を優先させた。

しかし、次第にケンカがエスカレートし、2人の間に大きな「隔ての壁」が築き上げられてしまいました。同じ屋根の下に住んでいても、口もきかなくなっていました。

Kさんの心の中は、奥さんへの怒りと憎しみで煮えくり返っていました。離婚の話も進んでいました。

Kさんの奥さんへの憎しみが、Kさん自身を一番傷つけていました。それでも、Kさんは奥さんを裁くことをやめられませんでした。Kさんは、自分のことを「悪い妻に傷つけられた被害者だ」と思っていたからです。

しかし、ある会話をきっかけに、自分の欠点や傲慢(ごうまん)さが、奥さんを傷つけてきたことに Kさんは気が付きました。

「自分は自己中心な妻に傷つけられた被害者だと思っていました。でも、気が付かないうちに私も妻を傷つけていました。しかも妻に心の中で怒りを抱き続けることでも、自分も加害者になっていたのです」とKさんは言います。

Kさんは「奥さんへの怒り」という自分の「罪」を悔い改め、奥さんのために祈るようになりました。

しばらくしてKさんの変化に気が付いた奥さんも、態度を軟化させて再びKさんに心を開くようになりました。

私たちは、相手を変えることはできません。私たちができることは、神に自分の罪が赦(ゆる)されたように、相手を赦し祈ることだけです。

「義人はいない。ひとりもいない」「すべての人が罪に定められた」と聖書は語ります。それ故、私たちは主の祈りで「われらに罪を犯す者をわれらが赦すごとく、われらの罪をも赦したまえ」と祈るのです。

イエス・キリストに自分の罪が赦されたように、互いに赦し合う。その意味で、キリストこそが夫婦のかすがいなのです。

<<前回へ     次回へ>>

関智征

関智征(せき・ともゆき)

ブランドニューライフ牧師。東京大学法学部卒業、聖学院大学博士後期課程修了、博士(学術)。専門は、キリスト教学、死生学。論文に『パウロの「信仰義認論」再考ー「パウロ研究の新しい視点」との対話をとおしてー』など多数。

ブランドニューライフ

関連タグ:関智征

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース