【聖書と映画4】「レミーのおいしいレストラン」 ―料理こそが言葉― 関智征

2016年9月3日22時40分 コラムニスト : 関智征 印刷
+【聖書と映画4】「レミーのおいしいレストラン」 ―料理こそが言葉― 関智征
「レミーのおいしいレストラン」 ©Disney / Pixar

1. ラタトゥイユが引き出した記憶

舞台はフランスのパリ。主人公はフランス料理をこよなく愛するねずみレミー。このレミーの宝物は、天才シェフ・グストーのレシピ本でした。

「よい料理とは、舌で味わう音楽、鼻で楽しむ色彩。それは日常にあふれている。周りを見渡せば、誰にでも満喫できる」というグストーの言葉が、レミーは大好きでした。

映画の一番のハイライトは、料理批評家イーゴが、主人公レミーのレストランを訪れるシーンです。

「シェフが私に食べさせたい料理を出して」というイーゴのリクエストに対して、レミーが作ったのは「ラタトゥイユ」。南フランスの野菜煮込み料理です。

「何!この私に、ありふれた家庭料理、ラタトゥイユ?」。しかし、一口食べたイーゴの脳裏には、自身の幼い時の記憶がよみがえります。イーゴが泣いて家に帰ったときに、母親がラタトゥイユを作ってくれた記憶です。

その時の部屋の風景、外の鳥のさえずり、香り、そして自分の顔をなでてくれた母親の手の触覚・・・。イーゴの中のいろいろな記憶が、レミーの料理によって引き出されました。

豪華な料理を口にしてきたイーゴは、プライドが高くなっていました。でも、ラタトゥイユによって、心が溶かされていったのです。

2. 琴線(きんせん)に触れる言葉

私たちが魂のこもった作品に接するとき、不思議な感動を覚えることがあります。

絵画を見て、自分の過去の記憶が思い出される。教会堂の中に入ると、目に見えない存在を感じる。朗読を聞いていると、物語の風景がありありと浮かんでくる。

音楽や朗読、建築といった「言葉」が媒介となって、私たちの中に眠っている何かが引き出されます。料理家レミーにとっては、料理こそが「言葉」でした。

3. 命のパンを食べる

世界中のさまざまな宗教において「食事」が重視されていますが、キリスト教にとっても、食は大きな役割を果たしてきました。

イエス・キリストは、社会的に阻害された人とご飯を一緒に食べました。「食いしんぼうの大酒飲み、取税人や罪人の仲間だ」と悪口を言われるほどでした。

イエスは、まず人々の空腹を満たしました。その後、真理を説きました。船が沈むほどの大漁の奇跡。5つのパンと2匹の魚で5千人を満腹させた奇跡。イエスは、人々の食を満たすことに心を砕いていたことが分かります。

また、弟子たちとの最後の集いも、ワインやパン、羊肉などの「晩餐」でした。イエスの言動は、食事とは切り離せません。きっとイエスは「ご飯、食べた?」といろんな人に聞いていたような気がします。

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。(マタイによる福音書4:4)

私たちは、物理的な食事だけでなく、目に見えない「言葉」を食べて生きています。そして、肉体の飢えが食事で満たされるように、霊魂の飢え乾きは言葉によって満たされます。

「レミーのおいしいレストラン」のイーゴは、自分の中に眠っていた「宝」が引き出される、という単に空腹を満たす以上の体験をしました。

同じように私たちは、イエス・キリストによって、自分の心の奥深くに「新しい命」が吹き込まれる体験をします。キリストは、私たちに活力をもたらす日々の糧なのです。

「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません」(ヨハネによる福音書6:35)

<<前回へ

関智征

関智征(せき・ともゆき)

ブランドニューライフ牧師。東京大学法学部卒業、聖学院大学博士後期課程修了、博士(学術)。専門は、キリスト教学、死生学。論文に『パウロの「信仰義認論」再考ー「パウロ研究の新しい視点」との対話をとおしてー』など多数。

ブランドニューライフ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース