C・S・ルイスの不朽の名作シリーズ「ナルニア国物語」 第4章「銀のいす」が映画化決定

2016年8月26日21時37分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
+ナルニア国物語シリーズ第4章「銀のいす」映画化決定 前作から6年ぶり
7作からなる「ナルニア国物語」シリーズ。原作小説は1950〜56年に出版され、これまでに3作が映画化されている。(写真:Tudor-Rose)

C・S・ルイスの不朽の名作「ナルニア国物語」シリーズが再び銀幕に帰ってくる。6年間待ち焦がれたシリーズ第4章「銀のいす」の映画化が決定した。

「銀のいす」は、トライスター・ピクチャーズ、ザ・マーク・ゴードン・カンパニー、エンターテンメント・ワン、ザ・C・S・ルイス・カンパニーの共同製作で、「ライフ・オブ・パイ」「ネバーランド」の脚本家、デイビッド・マギーを迎えて映画化される。

期待すべき点

映画化された最初の3作品――第1章「ライオンと魔女」(2005年)、第2章「カスピアン王子の角笛」(07年)、第3章「アスラン王と魔法の島」(10年、原作小説は「朝びらき丸 東の海へ」)――が比較的成功したにもかかわらず、第4章「銀のいす」は、1953年発表の原作小説の性格に倣いつつも、シリーズを一新して再スタートを切るという。

「銀のいす」は、第3章「アスラン王と魔法の島」の数十年後が舞台として設定されており、11歳のユースチス・スクラブ(前作ではウィル・ポールター出演)とジル・ポールが、年老いたカスピアン王(前作ではベン・バーンズ出演)の仲間になり、行方不明になっている独り息子で唯一の跡取りであるリリアン王子を探す旅に出る。

映画ニュースサイト「コライダー」によると、プロデューサーのマーク・ゴードンは、早期に映画を完成させたいと願っている。また「銀のいす」は、キャストやクルーを一新した新シリーズになるとゴードンは語っている。

これは、映画化4作目として、当初は「銀のいす」ではなく、ナルニア国の創成期が描かれた第6章「魔術師のおい」が計画されいたことを考慮すれば、驚くに値しないことだ。シリーズ一新の理由は、ファンタジーとして知られるナルニア国物語の不思議な世界観を継承しつつも、シリーズの盛り上がりを狙う必要があるということだろう。

映画中に暗示されるイエス・キリスト

しかし、ファンは心配するに及ばない。原作の中でC・S・ルイスが真の主人公としているイエス・キリスト、すなわちアスランは、この作品の中にも登場するからだ。この誰からも愛されてきた言葉を話すライオンが、これまでの3作の中に登場しなかったことはない。ただし、これまでアスランの声優を務めてきたリーアム・ニーソンが、この作品でも声優を務めるかどうかは不明である。

C・S・ルイスの養子であるダグラス・グレシャムは、亡き義理の父のファンタジー小説を、劇場に返り咲かせる冒険の旅に出ることを楽しみにしていると語った。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース