三浦綾子原作映画「母―小林多喜二の母の物語」山田火砂子監督インタビュー

2016年9月18日20時51分 記者 : 守田早生里 印刷
+三浦綾子原作映画「母―小林多喜二の母の物語」山田火砂子監督インタビュー
東京・銀座の三笠会館で先月23日に開かれた三浦綾子原作映画「母―小林多喜二の母の物語」の製作発表会見に臨む山田火砂子(ひさこ)監督。実力派の俳優陣を迎え、さらに悲願の三浦作品とあって、メガホンを握る手にも力が入る。

来年1月公開予定の三浦綾子原作映画「母―小林多喜二の母の物語」(主演:寺島しのぶ)の撮影が今秋、いよいよ本格的に始まる。メガホンを握るのは、クリスチャンの山田火砂子(ひさこ)監督(現代ぷろだくしょん)。これまで数々の名作を手掛け、世に送り出してきた。

「現代ぷろだくしょん」では、1953(昭和28)年に小林多喜二の『蟹工船』を映画化。山田監督の夫、山田典吾が製作した。それ以来、多喜二の母を描いたこの作品の映画化は、山田監督の悲願でもあり、メガホンを握る手にも力が入る。

主演の寺島しのぶをはじめ、多喜二の父、末松役には渡辺いっけい、多喜二役に塩谷瞬などの実力派俳優陣を迎え、今月、静岡、神奈川、北海道などの各地で撮影を開始する。撮影開始直前の山田監督に話を聞いた。

山田監督は、1932年生まれの84歳。戦前生まれの山田監督は、戦中に経験した多くのつらい経験の中で、社会や政府への不信感を高めていった。

「『日本は戦争に勝つ』と聞かされていた。『神風』が必ず吹くのだと・・・」。しかし、第2次世界大戦末期には、全国各地で空襲が相次いだ。山田監督の住む東京も大空襲に見舞われ、辺り一面、焼け野原になった。

「全部大ウソだったわ・・・」。山田監督は、眉間にしわを寄せて話した。

終戦後は、さらに悲惨だった。物もお金も、食べるものさえなかった。

戦後、16歳で進駐軍相手のバンド活動などを始めた。その後は舞台女優を経て、映画の世界へ。プライベートでは、同じく映画監督の故山田典吾と結婚。30代で長女を出産するが、重度の知的障がいがあることが分かった。「この世は、科学では解明できないことばかり」だと感じたという。

その頃、近所の教会へ「束の間の休息」と、音楽を聞きに通っていた。「人生いいことばかりじゃないな・・・」と感じながらも、教会の音楽を聞くと、どこか安らぎ、楽しい気分になった。

50代に突入した頃、山田監督の乗る車が正面衝突する大事故を起こした。生死をさまよったが、奇跡的に回復。何かに守られているような気がしたという。

この事故がきっかけとなり、受洗に導かれた。

三浦綾子原作映画「母―小林多喜二の母の物語」山田火砂子監督インタビュー
「素晴らしい映画になりますよ。ご期待ください」と山田火砂子監督(左から3人目)

山田監督が代表を務める「現代ぷろだくしょん」のオフィスには、十字架が掲げられている。

「天から、たくさんの賜物を私たちは日々頂いている。私の場合は、映画を作るという賜物を与えられた。その賜物に磨きをかけるのが私の務め」と、84歳になった今も、日々の感謝とともに映画への情熱は途絶えることがない。

「映画は楽しいですか?」と尋ねると、インタビュー中、一番の笑みを見せて「そりゃ、楽しいわよ。作るのが楽しいのよ。私はね、原作を読んでいると、ワンシーン、ワンシーンが頭の中に見えてくるの。これは、こんな場所で撮りたいな・・・なんて、想像できるのね。これは、神様から頂いたものだと思うの。でも、本当に楽しいのよ」と語った。

映画には、クリスチャンも数人起用されている。女優で落語家の露のききょうさん、罪人の友主イエス・キリスト教会の進藤龍也牧師をはじめ、家庭礼拝のシーンでは、監督の強い希望でクリスチャンのエキストラを募集している。露のききょうさんは、多喜二の作家仲間の宮本百合子役で出演、進藤牧師は、小林一家を脅す棒頭役で出演する。

「私は、この映画を伝道映画だと思っているの。伝道映画を作るには、クリスチャンの助けが必要。神様への信仰を映画で表現したい」と山田監督。「この映画のテーマは、キリストの愛そのもの。キリストの痛ましい十字架上の死と多喜二の無残な虐殺を重ねているのよ」と語った。

映画のクライマックスは、教会のシーンと賛美歌で締めくくる予定だという。

「現代ぷろだくしょん」では、この映画の「製作協力券」を販売している。1枚千円の映画鑑賞チケットを購入すると、その一部が映画製作のための協力金になるというもの。100枚以上の購入で、希望者には団体名、もしくは個人名がエンドクレジットに記載される。

申し込みは、現代ぷろだくしょん(電話:03・5332・3991、ファクス:03・5332・3992、メール:gendaipro@gendaipro.com)。詳しくは、ホームページ

<製作協力券代金振込先>
郵便振替口座:00140‐7‐672706
受取人:三浦綾子原作「母」を映画にする会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

映画「種をまく人」に見る「はかなくも確かな希望」

ドニー・マクラーキンが60歳誕生日コンサート、カーク・フランクリンら大物ゴスペルアーティストが大集結!

スコセッシ監督のマフィア映画集大成「アイリッシュマン」 組織人にとっての「幸せ」とは?(その2)

スコセッシ監督のマフィア映画集大成「アイリッシュマン」 組織人にとっての「幸せ」とは?(その1)

「愛があなたを待っている」 タイの孤児たちに愛を届け続けて11年、ゴスペル歌手の市岡裕子さん

映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命

「聴くドラマ聖書」アプリが正式リリース 大和田伸也、井上芳雄、つるの剛士ら出演俳優が思い語る

カニエ・ウェストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに

ルカ福音書の例話がモチーフ、映画「種をまく人」 障がい者のいる家族の葛藤の先に見える希望

教皇来日のテーマソング公開 嵐、KAT-TUNの楽曲手掛けた井上純さんが作詞・作曲

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース