バチカン高官発言に中国・台湾双方が即座に反応

2016年9月13日00時31分 印刷

【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)の使節が北京を訪問、国交回復を目指し交渉しているとの情報が流れるにつれ、司教任命権、いわゆる「地下教会」の抑圧と政府の教会統制の行方に関心が高まった。北京側は、台湾(中華民国)との外交関係断絶を絶対条件としているという。

ピエトロ・パロリン国務長官(枢機卿)は8月24日、楽観的な調子で進行中の聖座(バチカン)と北京政府との会談に関して、半世紀にもわたる「外交的沈黙」に終止符を打つ「聖座と中国との関係の『新時代』は、孔子の地のカトリック信者だけでなく国全体のためのもの」と述べた。

北京側も対話が有効なものだという点には同意している。一方、台湾側はあくまで中国とバチカンとの関係に関するもの、と強調している。

中国は、バチカンとの外交関係を1951年に断絶した。台湾との関係断絶を要求するのは、「1つの中国政策」からすれば当然のことでもあろう。

「中国は、バチカンとの関係改善については常に誠実に対応しており、この目的に向かって絶えず努力をしてきた」と中国外務省の華春瑩報道官は2日の定例記者会見で述べている。

パロリン長官が中国について言及したのは、バチカンと中国が協定への準備が整ったことをロイター通信が7月に明らかにして以来、2度目。

香港のヨハネ・湯漢枢機卿も、双方が早期に結論に達する、とコメントしている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース