台湾

台湾に押し寄せるリバイバルの波 注目の「幸福小組」 提唱教会では1年に千人超が受洗

台湾に押し寄せるリバイバルの波 注目の「幸福小組」 提唱教会では1年に千人超が受洗

台湾のキリスト教界に今、リバイバルの波が押し寄せている。高雄市の「福気教会」で始まった新しい取り組み「幸福小組」が、教団・教派を超えて広がり、多くの受洗者を出しているという。福気教会では、2017年に初めて年間受洗者が千人を超えた。

2019年04月03日6時44分

発展途上国への医療宣教、アジアのキリスト教病院のこれから

発展途上国への医療宣教、アジアのキリスト教病院のこれから

韓国で開かれたアジアキリスト教病院協会(ACHA)の第23回年次総会(2018年11月8〜10日)は、最終日に2つ目のシンポジウム「発展途上国への医療宣教」が行われた。

2019年01月05日19時37分

“台湾は国際的な孤児” 「台湾エキュメニカル・フォーラム」初開催 日本含め世界から140人参加

“台湾は国際的な孤児” 「台湾エキュメニカル・フォーラム」初開催 日本含め世界から140人参加

国際社会における台湾孤立の問題などを話し合う「台湾エキュメニカル・フォーラム」(TEF)の初めての会議が11月28〜30日、新竹聖書学院で開催された。欧米諸国からも参加者があり、約140人が台湾に関わる諸問題について話し合った。

2018年12月08日17時51分

教皇、台北大司教の訴えに「台湾を見捨てない」

教皇、台北大司教の訴えに「台湾を見捨てない」

台湾カトリック教会のトップ、洪山川台北大司教(74)はバチカン(ローマ教皇庁)で14日に教皇フランシスコと会見した際、「台湾は中国の一部ではない。バチカンが中国と国交を結ぶとしても台湾を犠牲にしないでほしい」と強く訴えたことを明らかにした。

2018年05月28日20時58分

台湾・中華基督教救助協会(3) 店舗型フードバンクと教会一致の成長

台湾・中華基督教救助協会(3)店舗型フードバンクと教会一致の成長

台湾・中華基督教救助協会では、新たな取り組みとして、店舗型のフードバンクを開始した。救助協会の創設者・代表(秘書長)で牧師でもある夏忠堅氏に、同協会がどのように国内のさまざまな教会と一致して活動するようになったのかも聞いた。

2017年03月21日16時39分

台湾・中華基督教救助協会(2)地元のニーズに応えていく 教会が行う放課後の児童館

台湾・中華基督教救助協会(2)地元のニーズに応えていく 教会が行う放課後の児童館

台湾・中華基督教救助協会には80人近いスタッフが所属し、災害支援やフードバンクだけではなく、児童福祉にも取り組んでいる。救助協会の児童福祉の取り組みは、フードバンクと同様、地域の教会が中心になって行う。

2017年03月19日7時00分

台湾・中華基督教救助協会(1)「教会が拠点となって家庭に届ける」フードバンクの取り組み

台湾・中華基督教救助協会(1)「教会が拠点となって家庭に届ける」フードバンクの取り組み

フードバンクをご存じだろうか。米国では40年以上の歴史を持つが、日本ではまだ認知度は低い。東日本大震災の時に日本まで駆け付けてくれた台湾の中華基督教救助協会(以下、救助協会)のフードバンク活動に同行した。

2017年03月12日6時59分

THE CALLING×ライブチャーチワーシップ、賛美ツアー開催中 この夏には台湾最大級の「讃美祭」日本初上陸!

THE CALLING×ライブチャーチワーシップ、賛美ツアー開催中 この夏には台湾最大級の「讃美祭」日本初上陸!

台湾を代表するクリスチャン・バンド「THE CALLING(ザ・コーリング)」が来日し、HCC Live Church ライブチャーチ寸座(静岡県浜松市)のワーシップミニストリー「ライブチャーチワーシップ」とタッグを組んで、「BODY OF CHRIST(キリストのからだ)」をテーマに、日本全国でワーシップツアーを開催している。

2017年02月02日16時24分

安藤忠雄氏、「山の教会」を台湾に建設へ

台湾の中央社通信によると、建築家・安藤忠雄氏は台湾南部・嘉義県の観光地、阿里山に「山の教会」を建設することを決めた。

2016年10月05日11時32分

バチカン高官発言に中国・台湾双方が即座に反応

バチカン(ローマ教皇庁)の使節が北京を訪問、国交回復を目指し交渉しているとの情報が流れるにつれ、司教任命権、いわゆる「地下教会」の抑圧と政府の教会統制の行方に関心が高まった。

2016年09月13日0時31分

訪伊の陳副総統、アッシジで「台湾と中国大陸の平和」祈る

台湾(中華民国)の陳建仁副総統は6日、修道会フランシスコ会の創設者、聖フランシスコ生誕の地として知られるアッシジを訪れ、世界と「両岸」(台湾と中国大陸)の平和のために祈った。

2016年09月13日0時22分

台湾の陳副総統、教皇に訪台呼び掛け

台湾の通信社「中央社」によると、台湾の陳建仁副総統は4日、バチカン(ローマ教皇庁)でマザー・テレサの列聖式に出席した。その際、教皇フランシスコとも言葉を交わし、訪台を呼び掛けた。

2016年09月06日6時45分

台湾の陳副総統、マザー・テレサ列聖式へバチカン訪問

中華民国(台湾)総統府は24日、バチカン(ローマ教皇庁)が9月4日に行う故マザー・テレサの列聖式に、蔡英文総統の特使として陳建仁副総統を派遣すると発表した。訪問団は9月2日にバチカンに向け出発、8日に台湾に戻る。

2016年08月30日9時52分

この人に聞く(10)台湾に新しい風を 史上初、無所属での当選 台北市長・柯文哲氏

この人に聞く(10)台湾に新しい風を 史上初、無所属での当選 台北市長・柯文哲氏

今までにない新風を吹かせたいと政策に取り組む台北市長・柯文哲(コー・ウェンチョー)氏の人柄と台北市への思いに迫った。そこから見えた新しい台湾とは。インタビュー形式で紹介する。

2016年07月02日22時20分

「日本と台湾は血を分け合った仲」台湾台北市長の両親が板橋区議会を訪問

「日本と台湾は血を分け合った仲」台湾台北市長の両親が板橋区議会を訪問

2014年、台湾で行われた台北市長選挙で初めて無所属の柯文哲氏が当選したことは記憶に新しい。このほど、柯文哲氏の両親が市政府顧問、高官らと共に東京都の板橋区議会を訪問、台湾とのパイプがある長瀬達也区議が取りまとめ、市民クラブとの会談が実現した。

2016年05月07日19時01分

台北の故宮博物院でバチカン展

台北の故宮博物院でバチカン展

台北発中央社通信によると、バチカン(ローマ教皇庁)所蔵の文化財60点を展示する「天国の宝物――ローマ教皇庁所蔵文物特別展」が5日から、台北の国立故宮博物院で開催されている。これらの文化財が台湾で公開されるのは初めて。

2016年02月09日22時45分

台湾の教会、地震被災者を支援 祈りを呼び掛け

台湾の教会、地震被災者を支援 祈りを呼び掛け

台湾基督長老教会は、6日朝に台湾南部で起きた強い地震の被災者に対する緊急救援センターを、台南永康教会に同日設置し、被災者のための祈りと献金を求めつつ、災害情報や救援物資、人員を集めて救援活動に当たっている。

2016年02月08日23時20分

台湾で大地震 「私たちのために祈り続けてください」と台湾長老教会の副総幹事

台湾で大地震 「私たちのために祈り続けてください」と台湾基督長老教会の副総幹事

台湾最大のプロテスタント教派である台湾基督長老教会(PCT)副総幹事のビクター・ワン・チ・シュウ博士は6日、台南の近くで起きたマグニチュード6・4の地震について、「皆さんのご心配やお祈りに感謝したい」と述べ、「どうか私たちのために祈り続けてください」と訴えた。

2016年02月07日8時40分

女性礼拝者の関心を引くため、靴をかたどった教会が建築される 台湾

女性礼拝者の関心を引くため、靴をかたどった教会が建築される 台湾

台湾で、斬新な外観の教会が誕生する。より多くの女性に教会に来てほしいとの願いをもって、巨大なシンデレラのガラスの靴のような礼拝堂が建てられた。青いガラス320枚で靴をかたどった建築は、意図的に女性礼拝者をターゲットとしたものだ。

2016年01月14日21時50分

教皇の中国重視 台湾外交部「台湾の感情を重視すると信じている」

訪米を終えた教皇フランシスコが帰国途中の特別機内で、中国との関係に触れたのを受け、台湾政府(中華民国)外交部の王珮玲報道官は9月29日、信教の自由などを推進するバチカン(ローマ教皇庁)の方針に理解を示す一方、大陸との交流に際して、同国が「台湾の人々の感情を重視すると信じている」と述べた。

2015年10月06日15時19分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース