台湾の陳副総統、マザー・テレサ列聖式へバチカン訪問

2016年8月30日09時52分 印刷

【CJC】中華民国(台湾)総統府は24日、バチカン(ローマ教皇庁)が9月4日に行う故マザー・テレサの列聖式に、蔡英文総統の特使として陳建仁副総統を派遣すると発表した。訪問団は9月2日にバチカンに向け出発、8日に台湾に戻る。台湾の「中央社」通信が報じた。

陳副総統はカトリック信者。バチカンから「大聖グレゴリウス勲章」を授与されており、「エルサレム聖墳墓騎士団」のメンバー。

総統府によると、マザー・テレサは1985年に台湾を訪問、「仁愛伝道修女会」を創立している。列聖式典では台湾の「台北愛楽室内合唱団」が歌声を披露する予定。

バチカンは欧州で台湾と外交関係を持つ唯一の国で、国交を樹立した1942年から交流を続けている。ただ1951年に断交したバチカンと中国の歩み寄りが伝えられ、双方が復交した場合の台湾への影響が注目されている。

外交部の呉志中政務次長は、中国大陸がバチカンと対話するのは正常なこととして「反対しない」と語っている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース