【童話】星のかけら(1)冒険のはじまり・その1 和泉糸子

2016年8月30日17時41分 コラムニスト : 和泉糸子 印刷
関連タグ:和泉糸子

ある暑い夏の夜のことでした。

ユキトはシュンスケとケンタといっしょに、留守番(るすばん)をすることになりました。

ほんとは、その日おじさんの家にお泊(とま)りをして、もちろんおばさんもいて、子どもたちだけで夜をすごすなんていう予定じゃなかったのに。

まだ9歳(さい)になったばかりのユキトやシュンスケ、あと3カ月たたないと9歳の誕生日(たんじょうび)がこないケンタの小学3年生3人組には大冒険の夜になりそうでした。

パパとママの仕事がいそがしいので、ユキトは夏休みの間、おじさんの家にお世話になっていました。そしてシュンスケやケンタと仲よくなりました。

ユキトは背(せ)が高くて運動が好きな少年。シュンスケは色白で本を読むのが大好き。そして、ケンタは小がらで日に焼けた男の子です。見かけはちがうけれど、何となく気が合うのです。

ところで、ユキトのおじさんの仕事はちょっとかわっていて教会の牧師(ぼくし)さんなのです。ですからお家は教会のしきちの中にありました。古いいなかの教会ですから、ふつうの家の10けん分ぐらいもある広いお庭の中に、いろんな木がうわっていて、教会堂はまるで植物園の中にたてられているようでした。

秋には真っ赤になるモミジが3本もあります。黄色のひらひらする葉っぱをいっぱいつけるイチョウの大木もあります。冬に実をつける大きなゆずの木もあるし、その横には、背の高いロウバイもあります。バラの木もたくさんあります。

まだ夏なので、今は分からないけど、きせつ、きせつにそりゃあ、とても見事なのよというおばさんの言葉を聞いて、ユキトはノートに名前を書きとめました。アジサイやボケ、ハギやススキ、コスモス、キク、チューリップやクロッカス、ポリアンサ、スイセンやユリ、きせつごとにいろんな草花がわすれずに顔を出します。おばさんの話ですけどね。

教会堂のうら手におじさんの家はありました。牧師さんの住む家ですから、牧師館と呼ばれていますけれど、新しくたてなおされたので少しもかわったところはありません。どこにでもあるふつうの家です。窓(まど)の下には朝顔がうえてあり、ユキトは水やりの係をまかせられました。

門から入ると右側にコンクリートでほそうされた駐車場(ちゅうしゃじょう)もありますから、古い教会にしては、きちんと整えられていますけれど、教会堂だけは昔のままなのです。足の不自由な人が入りやすいような平らな入り口ではありません。神様をおがむ神聖(しんせい)な場所だから高い所にある方がいいと、昔たてた人たちは考えたのでしょう。

「バリアフリーにしたくても無理なんだよ。県の文化ざいだから勝手に改ちくもできないし」。お年よりの方が、階段(かいだん)を上がるのを見ながら、いつもおじさんは申しわけないなあと思うのだそうです。

入り口に石の階段があって、階段を上がるとがっしりしたとびらがあります。日曜日にはこのとびらは開いていますが、いつもはしまっています。中に入ると受け付けの小部屋があり、その奥(おく)にドアがあって、100人も入れそうな広い礼拝(れいはい)堂に長いすがならんでいます。でも20人くらいしか礼拝に来る人はいないのです。

右の横側にも引き戸で仕切られた部屋が2つありますが、1階にはそんなに面白い場所はありません。礼拝堂のつき当たりの左手にオルガンが置かれていて、その奥に倉庫があります。講壇(こうだん)は木の階段を3段上るくらいの高さです。

講壇というのは、牧師さんが話をする舞台みたいなところで、その真ん中に説教壇があり、せいさん台もあります。説教壇とせいさん台にはぶどうのちょうこくがついています。講壇の右側の奥にはドアがあって、ドアを開けると階段があり、上ると2階の部屋があり、その上は塔(とう)につながっているのです。

この階段を上って、自分たちだけで塔のてっぺんまで行けたらいいなと、子どもたちは思っていましたけれど、夜はあぶないからやめなさいと言われるだろうと分かっていました。そして牧師館からは廊下を通って教会堂のうら側につながるドアがありますので、そこから出入りできるつくりになっていました。

教会には大人だけでなく子どもたちも集まります。日曜の朝、大人の礼拝の前に、教会学校という子どもたちの礼拝もあります。シュンスケのパパは教会学校の校長先生です。ケンタのママは幼稚園(ようちえん)の先生で、ピアノが上手なので、大人の礼拝や子どもの礼拝のオルガンをひいています。そういうわけで2人は教会学校の生徒なのです。教会の学校なので、英語でチャーチ・スクール、りゃくしてCSと言います。

ユキトの家は車で2時間もはなれた場所にあるので、いつもは来られないけれど、この夏はCSに出席し2人と仲よくなりました。CS礼拝が終わると、わきの小さな部屋で、絵をかいたり、本を読んだり、庭に出て遊んだりします。でも、今日は特別に牧師館で、3人だけのお泊り会をしてもいいということになり、みんなワクワクしていました。

夕ご飯も終わり、お風呂(ふろ)にも入って、さあ何をして遊ぼうかと、本当はゲーム機で遊びたかったのですが、今日はだめと言われていたので、考えていたところに電話がかかってきました。(つづく)

次回へ>>

和泉糸子

和泉糸子(いずみ・いとこ)

1944年生まれ、福岡市出身。1965年、福岡バプテスト教会で受洗、のちに日本基督教団の教会に転入し、Cコースで補教師試験に合格。1996年より我孫子教会担任教師、2005年より主任担任教師となり、20年間在職。現在日本基督教団隠退教師。

九州大学文学部卒業。東京都庁に勤務後、1978年より2002年まで、船橋市で夫と共にモンテッソリー教育を取り入れた幼児教育や、小中学生対象の教えない教育という、やや風変わりな私塾(レインボースクール)を運営。

童話「星のかけら」は、小学生の孫のために書いたものですが、教会学校の子どもたちが少なくなっている今、お話を通して教会や神様に少しでも出会える場が与えられればうれしいです。

関連タグ:和泉糸子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース