桃山学院大、岸和田市と連携協力に関する協定を締結

2016年7月15日14時36分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:桃山学院大学
+桃山学院大、岸和田市と連携協力に関する協定を締結
調印式で握手を交わす桃山学院大学の牧野丹奈子(まきの・になこ)学長(写真左)と岸和田市の信貴芳則(しぎ・よしのり)市長(写真:桃山学院大学提供)

桃山学院大学(大阪府和泉市)は11日、岸和田市と多様な分野における包括的な連携協力に関する協定を結んだことを発表した。8日には岸和田市役所で、信貴芳則(しぎ・よしのり)市長と牧野丹奈子(まきの・になこ)学長が出席し、調印式が行われた。

この協定は、地域社会の発展とその基盤となる人材育成に寄与することが目的。主な連携分野は、▽教育・文化・スポーツの振興 ▽地域づくり・まちづくりの推進 ▽地域に貢献できる人材育成 ▽産業・商工振興 ▽地域の健康及び福祉の発展 ▽国際交流 ▽生涯学習などの分野となっている。

締結式で牧野学長は、「この協定により、岸和田市との関係をさらに発展・強化させるとともに、本学の保有する人的・知的資源を最大限に生かして双方の発展に寄与するよう、地域連携を積極的に推進して参ります」と抱負を語った。

当日は岸和田城イメージキャラクターの「ちきりくん」も登場し、署名した協定書を手にした信貴市長、牧野学長と共に写真撮影に応じた。

日本聖公会系のキリスト教主義学校である同大は、1959年に開学。ルーツは、明治維新の頃の1869年にまでさかのぼる。「キリスト教精神に基づく世界の市民の養成」を建学の精神とし、「地域で、世界で、人を支える」を教育ビジョンとした文系5学部6学科4研究科を擁する文系総合大学。

今年、和泉キャンパスに全面移転してから21年となる。同大はこれまでも、地方自治体や企業などと連携しつつ各種事業を展開してきた。

関連タグ:桃山学院大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース