「ハッピー・イースター」のあいさつ理由に殺害されたイスラム教徒の葬儀に数百人が参列

2016年4月9日17時58分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+「ハッピー・イースター」のあいさつ理由に殺害されたイスラム教徒の葬儀に数百人が参列
アサド・シャーさん(写真:アサド・シャーさんのフェイスブック)

スコットランドのグラスゴーにあるモスクで2日、イスラム教徒の小売店店主アサド・シャーさんの葬儀が行われ、参列した数百人が最後の別れを惜しんだ。シャーさんはその数日前、フェイスブック上でキリスト教徒に「ハッピー・イースター」というあいさつを投稿したことを理由に、仲間のイスラム教徒によって刺殺された。

インディペンデント紙によると、シャーさんの遺族はアハマディヤ・ムスリム・センターのバイト・ウル・ラーマンモスクで行われた葬儀の弔辞で、「彼は聡明な人で、人々の間に違いはあれども、似ている点のほうが非常に多く、違いを乗り越えることができると認識していました」と語った。「彼はただそれを発言しただけでなく、愛するショウランズのコミュニティー、愛するスコットランドで毎日その通りに生きていました」

40歳になるシャーさんは、平和的なイスラム教の一派、アハマディア・ムスリム協会の会員だったが、聖金曜日前日の3月24日夜、グラスゴーのショウランズで経営する小売店の外で刺殺された。

英国アハマディア・ムスリム協会のマンスール・シャー副代表が司式した礼拝の後、スコットランド・アハマディア協会のアブドル・アビド代表は「私たちの中でとても人気があった人が、もはやいなくなって悲しい」と述べた。「彼無しで今後どう切り抜けていけばいいか、私には分かりません。彼は礼儀正しく、優しい人でした。今日の礼拝は彼の記念であり、私たちのコミュニティーにこんなに素晴らしい人がいたことを誇りに思います」

参列者の中には、アリソン・チューリス議員、キャロル・モナガーン議員、サンドラ・ホワイト議員がいた。シャーさんが殺害された後、その小売店の常連客がクラウドファンディングサイト「GoFundMe.com」にページを開設し、シャーさんの遺族を支援するために約16万ドル(約1734万円)を集めた。

警察はブラッドフォード出身のタクシー運転手で、イスラム教スンニ派のタンビーア・アーメド被告(32)を逮捕し、殺人罪で告発した。警察は、「宗教に偏見を持った」殺人だと述べた。

殺害される前、シャーさんはフェイスブックに、「特に私の愛するクリスチャンの人々へ、聖金曜日とイースターおめでとうございます!・・・愛する聖なるイエス・キリスト(彼に平安あれ)の真の足跡に倣い、両方の世で本当の成功を得ようではありませんか」と投稿した。

シャーさん家族の友人で事件の目撃者でもあるモハメド・ファイサルさんはデイリー・メール紙に、宗教的なローブに身を包んだひげのある男が店に入り、シャーさんの母語で話し掛けた後、最後には包丁でシャーさんの頭部を刺したと語った。

ファイサルさんは、事件発生時に店のすぐ隣の建物で働いていたシャーさんの兄弟が、騒ぎを聞きつけて店に駆け込んだ際、容疑者がシャーさんの胸部に座って笑っているのを見たと明かした。

ファイサルさんは、「兄弟はシャーさんを引き離しましたが、その男はなおも刃物で攻撃し続けたのです」と述べた。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース