アルシャバブからキリスト教徒を守って死亡したイスラム教徒に勲章

2016年4月6日21時46分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+アルシャバブからキリスト教徒を守って死亡したイスラム教徒教師の「勇気ある行動」に栄誉が与えられる
サラ・ファラさんは、けがの治療のための手術中に死亡した。(画像:ツイッター)

昨年に起きたテロ組織「アルシャバブ」による襲撃事件で、キリスト教徒を命の危険から救ったイスラム教徒の教師が、その勇気をたたえられ、ケニアで最も権威ある賞の一つを受賞した。

ケニアのウフル・ケニヤッタ大統領は3月31日、襲撃の際の負傷で死亡したサラ・ファラさんに大戦士勲章を授与したと発表した。ケニヤッタ大統領は、ファラさんが「テロリズムにより分離されることを拒否したこと」を誇りに思うとし、勲章は「彼の勇気ある行動」をたたえるために授与されたと述べた。

マンデラ町立小学校の教頭だったファラさんは昨年12月、アルシャバブが襲撃したバスに他の乗客60人と共に乗車していた。

彼は乗客をキリスト教徒とイスラム教徒で分離することを拒んだ数人のイスラム教徒の1人で、「私たちを皆殺すか、ここから去れ」と襲撃犯に言った。そして、キリスト教徒の命を救った英雄としてたたえられた。

事件後、ファラさんは、「私たちが論じ合う中、彼らは私と男の子を撃ちました。バスから脱走し茂みに逃げ込もうとした男性1人も撃たれました」と語った。

「私たちは兄弟です。違うのは宗教だけです。だから、兄弟であるムスリムたちに、キリスト教徒の世話をするよう願い、また、キリスト教徒も私たちの世話をすることを願います。・・・そして互いに助け合いましょう」

サラ・ファラさんは、けがの治療のための手術中に死亡した。

アルシャバブは、イスラム教徒が多いケニア北西部で特に活動的だ。2日、アルシャバブがケニアで引き起こした最悪の事件から1年が経過した。アルシャバブがガリッサ大学を襲撃した際、150人以上が殺害され、そのほとんどは学生だった。生存者は、イスラム教徒でない学生を捜して教室や寮を闊歩(かっぽ)し、無慈悲に殺害していった襲撃者の姿を語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース